日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

コント55号 俺は忍者の孫の孫
コントゴジュウゴゴウオレハニンジャノマゴノマゴ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年10月10日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

山田風太郎原作の「忍法相伝73」(講談社刊)を、桜井康裕と伊達八郎が共同脚色し「コント55号 人類の大弱点」の福田純が監督したシリーズ第三作。撮影は、「ブラック・コメディ ああ!馬鹿」の逢沢譲が担当した。

スタッフ

製作
寺本忠弘浅井良二
企画
針生宏
原作
山田風太郎
脚色
桜井康裕伊達八郎
監督
福田純
撮影
逢沢譲
音楽
広瀬健次郎
美術
育野重一
照明
下村一夫
録音
牛窪秀夫
編集
大橋富美子
スチル
橋山愈

ストーリー

甲賀忍者の末孫・甲賀二郎は、公園で狂言の焼身自殺をしようとして、伊賀欽一に止められたが、二郎に共鳴した欽一は、手助けに及んだ。二郎はあわてて、逃げだし、公園は大混乱。二人は、軽犯罪の疑いで逮捕された。しかし、太陽党幹事長の鷲塚剛太郎の娘・亜矢子の助言で、釈放された。二郎は、マスコミの話題になり、反対に、欽一は世の中がいやになり自殺を計ったが、失敗。祖先の伊賀白雲斎に忍術を伝授された欽一は、二郎に挑戦したが、二郎のイカサマ忍法により、敗れた。その頃、二郎の人気に目をつけた、平和党の総裁・相良以蔵は二郎を自党から立候補させた。これを知った、太陽党の鷲塚は、欽一の忍法を利用し、二郎の立候補の妨害を策した。しかし、欽一の忍法は、すべて失敗した。そして、最後の手段、男子懐妊の術が試みられた。だが、どうした訳か、術をかけた卵を、相良と鷲塚が飲んでしまった。それを知らぬ二人は、密かに手を結んで、二郎を落選させようと謀っていた。選挙の結果、二郎は落選し、相良と鷲塚からは赤ん坊が生れた。その泣き声を聞いた欽一と二郎は、自分たちが政治家に利用されていると悟った。世界幸福連邦を作ろう!二人は、胸を張り、未来に向かって、歩きだした。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。