日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

よさこい旅行
ヨサコイリョコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年11月15日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「喜劇 逆転旅行」の舟橋和郎が脚本を書き、同作の瀬川昌治が監督したシリーズ第四作。撮影は、篠村荘三郎が担当した。

スタッフ

製作
島津清
原作
舟橋和郎
脚本
舟橋和郎
監督
瀬川昌治
撮影
篠村荘三郎
音楽
いずみたく
美術
熊谷正雄
照明
佐久間丈彦
録音
服部満洲雄
スチール
金田正
編集
太田和男

ストーリー

坂本竜太は、駅員二人の土佐大原の駅員だった。竜太には、市内観光バスのガイドをしている恋女房の町子がいたが町子は、炊事、洗濯はまるでダメ、竜太は、弁当も自分で作らねばならない。そんなある日、ホームに風采の上がらない初老の男が降り立った。土佐大原駅の新駅長に赴任してきた山下吉五郎だった。山下は部下にきびしく、竜太も、もう一人の駅員・古賀三平もげんなりした。そんな二人が、疲れ休みにいくのが、小料理屋“春駒”だった。竜太は春駒の女将・孝子に前から心を寄せていた。竜太は、孝子も好意を持っているとうぬぼれていた。ある日、町子のところへ、隣りの万昌寺の息子伸介と友人の堀内が町子を麻雀に誘いに来た。麻雀好きの町子は、その夜、万昌寺の和尚・丁諦を加えて、一卓囲んだ。いつも帰りの遅い町子に、竜太はイライラの毎日であった。そんなある日、家主のせいが、竜太に伸介と町子が怪しいと、ささやいた。そんな矢先、町子は、竜太の宿直日に、派手な服で、伸介のスポーツカーで、奥道後へ一泊旅行に出かけた。竜太の怒りは爆発し、二人は冷戦状態に入ってしまった。そんな竜太のところへ、孝子はせっせと、弁当を運んでくれた。竜太の想いはますますエスカレートするのだった。ついに竜太は孝子にプロポーズしたが、孝子には板前の力三という男がいることがわかり、しかも、孝子は山下駅長の娘であることが判明。その上、届けてくれた弁当は、実は、裏で、町子が頼んでいたのだった。竜太と町子は、新婚時代のような仲に戻った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。