日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

五人の賞金稼ぎ
ゴニンノショウキンカセギ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年12月13日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Fort of Death  
上映時間
97分  

「妖艶毒婦伝 お勝兇状旅」の高田宏治が脚本を書き「産業スパイ」の工藤栄一が監督したシリーズ第二作。「ごろつき部隊」の鈴木重平が、撮影を担当。

スタッフ

企画
俊藤浩滋松平乗道
脚本
高田宏治
監督
工藤栄一
撮影
鈴木重平
音楽
津島利章
美術
雨森義允
照明
金子凱美
録音
東城絹児郎
スチール
中山健司
編集
神田忠男

ストーリー

錣市兵衛のもとに、野洲黒羽領榎村の百姓新八が助けを求めてきた。領主・大関佐渡守の悪政に、名主榎太左衛門らが一揆を起こし、助力を求めて来たのだった。市兵衛は早速、陽炎、鬼塚隼人、望月弥太郎らと野州へ乗り込んだ。一揆軍の陣地に案内された市兵衛は、かつて戦った敵将で、浪人の別所四郎五郎に再会した。他に、朝海十蔵、岩下甚内、桜井源八らの賞金稼ぎの一味も加わっていた。翌朝、降伏を強要する敵の軍使の陣笠を朝海が射抜いたことから、戦いの火蓋は切られた。市兵衛は、連発銃を乱射し、敵をけ散らした。あわてた黒羽城側では、主水らが市兵衛の銃を奪い取ろうと作戦を立て、那須音平ら三人が、特命を受けた。一方、砦内では、朝海と岩下が市兵衛の寝首をかき、それを土産に、城側に寝返ろうとした。身代りに、百姓女おもんが死に市兵衛は、二人を斬った、そのスキに、忍び入った那須音平らが、連発銃を奪った。市兵衛は敵地に乗り込み、敵藩士・秋葉伊織之介から、銃を取戻した。これより先、公儀に強訴のため江戸に向かった、高屋戸村名主・治三郎が捕えられ、砦の前で殺害され、主水からの最後通告が来た。翌朝、敵の襲来に、市兵衛は、連発銃やゲーベル銃を乱射して奮戦し、銃身が焼き切れると、弥太郎、陽炎らと打って出て、捨身の白兵戦を展開した。その最中に、弥太郎が斬死したが、市兵衛は、別所、隼人らの協力で、伊織之介を斬り、主水を倒し、ついに佐藤守を追いつめて見事、討ち取った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。