日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

白昼の襲撃
ハクチュウノシュウゲキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年02月08日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

「野蛮人のネクタイ」の白坂依志夫と「死ぬにはまだ早い」の西村潔が共同で脚本を執筆し、西村が監督したハードボイルド・アクション。撮影は「喜劇 新宿広場」の黒田徳三が担当した。

スタッフ

製作
金子正且
脚本
白坂依志夫西村潔
監督
西村潔
撮影
黒田徳三
音楽
日野皓正
美術
小島基司
照明
今泉千仭
録音
原島俊男
スチール
中山章
編集
諏訪三千男

ストーリー

小さな運送屋の運転手修は、集金した一方円をポケットに突込むと愛人ユリ子の許へ走った。そして、ユリ子の踊るゴーゴーハウス「夜の海」で、少年院時代の仲間佐知男と再会した。佐知男は兄貴分と逢えたことに狂喜、一丁の拳銃を贈った。だが、過去のレッテルだけで社会に受け入れられぬ若者が握った拳銃。それは暴発せずにはおかなかった。ある日、海へ出かけた三人は、スポーツ・カーを盗もうとして失敗。修の拳銃は火を吐き、大学生を倒した。しかし、修も足に重傷を負ってしまった。その彼を救ったのは通りかかった鳴海だった。鳴海は服役中の佐伯の片腕だが実はテロリスト集団の一員で、佐伯のもとで自分の存在をカムフラージュし、組を利用していた。修はその鳴海の部下になった。だが、佐伯が出所すると彼の地位を狙う林ら一味との抗争が再燃。修は、鳴海の心魂を見破った佐伯の非情な命令を受けねばならなかった。鳴海が修の拳銃に倒され、修は彼の後釜として外国人バーの経営を佐伯から任された。その頃、大学生射殺事件の犯人を追う松本刑事の目が修をマークしていた。その動向に気づいた修は、佐知夫の友人でヨットを持つジョニーを加わえ逃亡の準備にかかった、修は佐伯を射殺し金を奪うと、夜明けの岸壁へ急いだ。だが、そこには厳重な捜査網がしかれていた。修に捨てられたユリ子が裏切りの報酬として当局に密告したのだ。捜査陣に向って射ちまくる三人の若い野獣、しかしそれも長つづきはしなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。