日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

花の特攻隊 あゝ戦友よ
ハナノトッコウタイアアセンユウヨ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年05月16日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Cherry Blossoms in the Air-The Suicide Raiders-Oh,Buddies!  
上映時間
94分  

川内康範の原作「花の特攻隊」をもとに「女の警察 国際線待合室」の中西隆三が脚本を書き、「夜の牝 花のいのち」の森永健次郎が監督した戦争と青春をみつめたドラマ。撮影は「女の警察 国際線待合室」の山崎善弘が担当。

スタッフ

企画
園田郁毅栗林茂
原作
川内康範
脚本
中西隆三
監督
森永健次郎
撮影
山崎善弘
音楽
池田正義
美術
坂口武玄
録音
神保小四郎
編集
井上治
スチル
萩野昇

ストーリー

昭和十八年。戦局はすでに日本の不利に展開していた。父の戦死の報をうけた浜村真吉は嘆く母や恋人の三保を残し、学友の田川や内藤とともに土浦の海軍航空隊に志願した。土浦での苛烈な規律と訓練のなか、田川が練習機で墜落死した。やがて、同期の桜たちとともに、海軍飛行少尉を拝命した真吉は鹿屋基地に配属された。ここでの特攻教育はさらに厳しいものだった。その頃、三保が真吉に逢いたい一念で、准看護婦として、海軍病院へやってきた。彼女の烈しい愛に、真吉は困惑したが愛するがゆえに不幸にすることはできないと、出撃するのだった。だが、皮肉にも彼の機は故障し、傷ついて病院に運びこまれてしまう。病室の窓から次々と飛び立つ特攻機をみることや、懸命に看護する三保の存在は真吉に重くのしかかった。傷が癒えた真吉は、歴戦の勇者秋山少佐の部隊に編入された。この部隊の機はすべて母機を離れたら最後、絶対に生還出来ない自殺兵器「桜花」を抱いていた。基地への敵襲は、連日惨を極め、広島、長崎に原爆が投下されたが、出撃命令はまだおりない。皆眼を血走らせて秋山隊長の下知を待った。そして、八月十三日未明、出撃の時がきた。真吉は、秋山隊長の一声のもと、先に散っていった戦友たちのあとを追った。その表情はなぜか、晴れやかにみえた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。