日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喜劇 度胸一番
キゲキドキョウイチバン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年04月25日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

「太陽の野郎ども」の井上梅次が脚本・監督した喜劇。撮影は「いつか来るさよなら」の長岡博之が担当。

スタッフ

製作
瀬島光雄
脚本
井上梅次
監督
井上梅次
撮影
長岡博之
音楽
大森盛太郎
美術
森田郷平
照明
津吹正
録音
小林英男
スチール
梶本一三
編集
太田和夫

ストーリー

弱井三平は片田舎の温泉宿の三助である。やさしい男だが気の弱いのが欠点で、たとえば、この旅館の主人四方吉の妹京子が好きなのだが、手一つにぎれないといった風だ。ある日、三平は女将に誘惑をうけているところを四方吉に見られ、クビになった。そこで、京子は三平に駈け落ちしようともちかけるが、にえきらない三平に愛想をつかして一人で東京に発った。一方、東京にヤクザの親分でスペードのキングという三平に瓜二つの男がいた。スペードは縄張り争いから他の組員に狙われていたが、子分のくらやみの発案で、スペードの替玉を使って命を守ろうと、三平を呼んだ。ここに三平親分が誕生した。ビクビクしながら親分をつとめる三平だが、生来の気の弱さがプラスに作用し、スペードの親分株は急騰した。あるアルサロで三平は酔客にからまれている京子を助けるが、京子はまさか三平とは思わず強いスペードにまいってしまった。その夜、三平は二人の暴漢に襲われ、スペードの部屋に逃げ込んだため、身代りにスペードが射たれ、その傷が回復するまで、常時身代りをする破目となった。そんなある日、ヤクザの出入りをまるく収めたことから三平は美貌の女親分お芳にやくざをやめることを誓い、三平、すなわちスペードとお芳は二人で堅気になることになった。スペードの命をねらっていたのは実は彼の子分三人であったが、その悪党三人も自ら仕かけた罠におちて死んでいった。身代りから解放された三平は、京子とともに故郷の温泉に帰っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。