日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新兄弟仁義
シンキョウダイジンギ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年04月10日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

藤原審爾の原作「三代目実子分」を大和久守正が脚本化、「新網走番外地 さいはての流れ者」の佐伯清が監督したシリーズ第八作。撮影は組長と代貸」の星島一郎が担当。

スタッフ

企画
西川幸男俊藤浩滋矢部恒
原作
藤原審爾
脚本
大和久守正
監督
佐伯清
撮影
星島一郎
音楽
菊池俊輔
美術
中村修一郎
照明
元持秀雄
録音
広上益弘
スチール
藤井善男
編集
田中修

ストーリー

大正未期。大竜こと新井竜太郎は二年の刑を終えて出所した。その前日、中野一家親分・頼吉は、頼介と代貸の堀と渡部に中野一家の跡目は竜太郎に継がせると告げ、頼介は分家して土建業に専念、堀と渡部も分家することに決まった。堀、渡部にとって三代目は当然頼介が継ぐものと思っていただけに、このことは意外であった。一方、竜太郎はこの話を快くうけるが、いつかは頼介に四代目をゆずろうと考えていた。また頼吉は、従来の堀の縄張りを竜太郎が推すしっかり者の中竜にゆずらず、堀、渡部が推した小竜に任すというのだった。これには、大竜、中竜、小竜の三兄弟を、仲たがいさせようとする堀、渡部の腹黒い意図があった。大竜の出世とともに、代貸を夢みていた中竜にとってこの決定はショックで、そんな中竜に堀、渡部が接近していった。数日後、中野組の請負工事完成披露宴がひらかれたが給料をピンハネされた作業員たちはいきりたった。この騒ぎを知り、小竜は頼介にかけあうが頼介の無法ぶりに傷つく。この一件は作業員達の間で小竜の男を上げた。これをねたんだ頼介、堀、渡部は小竜に堀の仔分を殺させる罠を張った。まんまと罠に落ちた小竜。さらに堀から小竜探索を命じられた中竜も頼介たちの刃に倒れた。兄弟の一人を殺され、憤りに燃えた大竜、小竜はそれからまもなく、頼介ら三悪人を地獄に堕とした。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。