日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喜劇 おひかえなすって!
キゲキオヒカエナスッテ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年05月16日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

三ン下ヤクザの軽妙なユーモア。脚本は「でんきくらげ」の石松愛弘、監督は「与太郎戦記 女は幾万ありとても」の弓削太郎。撮影は同作の上原明が担当。

スタッフ

企画
藤井浩明
脚本
石松愛弘
監督
弓削太郎
撮影
上原明
音楽
池野成
美術
後藤岱二郎
照明
久保江平八
録音
三枝康徐
編集
糸井敬男
スチル
薫森良民

ストーリー

城南一家の三ン下ヤクザ、三太は兄貴分と慕う猪又と安アパートの殺風景な部屋に同居していた。そのため、恋人トミ子との愛の語らいも、猪又のいないスキをぬって手早くやらなければならないし、また猪又が情婦をつれてきた時は、一晩中あてもなく夜霧に濡れてさまようのだった。ある日、三太は喧嘩のおとし前に指をつめさせられた猪又の仇と極道会の幹部・山形を刺したことからムショ行きとなった。同じ雑居房で、三太は三州頑太郎にめぐりあい彼の中に、真の任侠道を発見した。すっかり心酔した三太はムショを出るや、さっそく頑太郎の客分となるのだった。三太は新興ヤクザの黒川商事が頑太郎のなけなしの家作をねらっておしかけてきた時、無遠慮な態度で黒川を尻込みさせた。さらに突然現われたトミ子と対面した三太は頑太郎の肝入りで一部屋あてがわれ、世帯をもった。その頃、山形が二人の殺し屋をともなって、三太の命をねらっていたが、頑太郎は三太の身を案じて旅に出した。やがて頑太郎は友人、野見山の失態から、黒川との関係をきまずくした。黒川と仲裁人大野木の悪気なやり口に業をにやした頑太郎は黒川に斬りかかるが、多勢に無勢無残にも斬りきざまれてしまった。頑太郎の死顔と対面した三太は捨身の勢いで、黒川めがけて斬りこんでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。