日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喜劇 女もつらいわ
キゲキオンナモツライワ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年05月16日 
製作会社
新国劇映画 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

「涙でいいの」の才賀明と「あばれ丁半」の江崎実生が脚本を共同執筆、江崎実生が監督した喜劇。撮影は「関東義兄弟」の萩原泉が担当。

スタッフ

製作
望月利雄守田康司
企画
高木豊時枝国文
脚本
才賀明江崎実生
監督
江崎実生
撮影
萩原泉
音楽
坂田晃一
美術
柳生一夫
照明
小林恒雄
録音
空閑昌敏
スチール
井本俊康
編集
辻井正則

ストーリー

東京は下町、江戸っ子鮨と向いにあるレストラン・フランセは昔から犬猿の仲であった。だが子どもの光子と和男は心ひそかに愛情を抱きあっていたが、親たちの争いにはどうしようもなく途方にくれていた。ある日、あわて者の竜太がおかかえ運転手の早田保彦をヒカリ産業の二代目と早合点、紹介された松造は光子にとって玉のコシのチャンスと大喜び。光子もハンサムな保彦にマンザラでもなかったが、思いきって和男とのことを打ちあけて協力を求めるのだった。ところが、その様子を知った和男はすっかり誤解してしまい、光子にあたりちらすと、またまた親たちが出てきて、もめ事は大きくなるばかり。間に立ってニヤニヤするのは、両方にとりいって競馬の資金をいただいた竜太だけという始末。そして途中で保彦に光子をさらわれ、その夜はヤケ酒。それをみた竜太は、こうなったら強引に光子を抱いて“既成事実”をつくってしまえとそそのかした。翌日、光子は竜太から和男がヤケ酒の末、大ゲンカをしたと知らされ、竜太の下宿を訪ねた。そこに仮病を使って寝ていた和男は、光子に迫ろうとしたが結局失敗。一方、松造にタイヘンなことが起っていた。人の好い松造は、女に騙され、金庫の中は質札や請求書がイッパイ。ショックを受けた松造はついに家出、光子は過去のいきがかりを捨て、和男に応援をたのみ、みんなでさがし始めた。その松造はモーローとして競馬場の中へ……突如、奇蹟がおこって、竜太の教えるアナ目が大当りの連続。たちまち全部の借金を返せるほどもうかってしまった。かくして、一事が万事よくなって、松造と咲江は和解、和男は光子のところへ、ついでに松造も咲江のところへ入ムコすることになり、江戸っ子鮨も、フランセもますます繁昌した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。