日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

三度笠だよ人生は
サンドガサダヨジンセイハ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年07月25日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

“艶歌”の水前寺清子を主演に、くり広げられる人情と笑い。星野哲郎の原案を「東京←→パリ 青春の条件」のジェームス三木と「影の車」の野村芳太郎が脚本化、、監督は野村芳太郎。新進吉田剛が演出を補佐。撮影は「影の車」の川又昂が担当。

スタッフ

製作
升本喜年瀬島光雄
原案
星野哲郎
脚本
ジェームス三木野村芳太郎
監督
野村芳太郎吉田剛
撮影
川又昂
音楽
木下忠司
美術
重田重盛
照明
三浦礼
録音
栗田周十郎
スチール
赤井博且
編集
浜村義康

ストーリー

清水港の松浦政子、通称清水の小政は、キップが良くて、喧嘩っ早く、港中の人気娘である。幼い頃、母に家出され父に死なれた政子は、父の友人大西良市に育てられ、中学を卒業と同時に、角造、千里夫婦の食堂で働いた。彼女の夢は、海員学校に行う弟誠を立派な船員にすることであった。そんなある日、政子とは兄妹の様に育った良市の一人息子、高雄が長い航海をおえて帰ってきた。政子の勇ましい歓迎ぶりは良市を苦笑させ、角造夫妻に見合いを計画させるもとになった。相手はたれ目で気弱そうな男、金助であった。当然のことながら、この見合い、政子の一喝で水泡に帰した。ある日、政子は誠に恋人ヒデ子がいることを知って、愕然となった。だが、真剣に訴える彼女の眼差しを見た時、政子も恋がしたくなった。それからというもの政子の仕草に女らしさが見られるようになった。一方、高雄は良市から政子との結婚話を持ち出され、自分もその気になりつつ、再度の航海に出た。そして、清水にも夏祭りがやってきた。その晩、良市から高雄の嫁にと言われた、政子は一日千秋の思いで、その帰りを待ち望んだ。ついにその日が来た。しかし、高雄の口から、知人の妹を愛してしまった……と告白された政子は、崩れかかる体を、懸命に笑顔で支えた。そして、清水港を一望する丘の上で、はじめて政子の頬を涙が流れ落ちた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。