日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

こちら55号応答せよ! 危機百発
コチラゴジュウゴゴウオウトウセヨキキヒャッパツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年08月08日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

野村芳太郎とコント55号のコンビがおりなす抱腹絶倒のサンペンス・コミック。脚本は「東京←→パリ 青春の条件」のジェームス三木、「影の車」「三度笠だよ人生は」の野村芳太郎と吉田剛、監督は野村芳太郎。撮影は「影の車」の川又昂が担当。

スタッフ

製作
升本喜年浅井良二
脚本
野村芳太郎ジェームス三木吉田剛
監督
野村芳太郎
撮影
川又昂
音楽
木下忠司
美術
重田重盛
照明
三浦札
録音
栗田周十郎
スチール
赤井博且
編集
浜村義康

ストーリー

萩本金助は中学時代、村の駐在酒井大作の一人娘静子に恋をするが、間もなく彼女は少年院の院長として転任する父親と共に九州へ去ってしまう。初恋はみごとに破れたが彼女への純情を貫ぬこうと決意し、やがて刑事となり東京の城南署に赴任する。そこで先輩の蟹形平次郎とコンビを組んで仕事をすることになるのだが、平次郎は少年時代、非行少年として少年院に収容され、そこで酒井院長の娘静子を知ることになり模範院生となって卒業後、静子をめとり今や前途有望なべテラン刑事である。このように奇しき運命によって結ばれた前途多難を思わせるコンビの初仕事は、管内で対立する血桜組と三日月組とのいさかいから生じた三日月組の代貸松崎が尻をさされるという珍事件に始まった。犯人を追う二人の前にやがてチンピラヤクザ修一の線が浮かび、修一の妹マユミと知りあう。そして彼女の口から修一の恋人でラーメン屋に勤めている悦子とも知りあった金助は修一逮捕のため悦子の勤め先のラーメン屋に張りこんでいるうちに、マユミに好意をよせるようになってしまうのだが、ふとしたきっかけで平次郎の妻が初恋の人であることを知って愕然とする。その頃、単独張込みに出かけた平次郎は偶然にも修一と悦子が明日開かれるピーターのリサイタル会場で落ち合うことを知り、当日二人はリサイタル会場に出かけるのだが、先手を打つように会場には血桜組と三日月組が待ちかまえ、修一と悦子に襲いかかる。修一と悦子の二人は必死の努力で無事逃げのび、翌日悦子に付き添われた修一が二人の前に自首し、事件は落着する。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。