日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新網走番外地 大森林の決斗
シンアバシリバンガイチダイシンリンノケットウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年08月14日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
105分  

“新番外地シリーズ”第四作。脚本は「博徒一家」の村尾昭。監督は「捨て身のならず者」の降旗康男。撮影は「昭和残侠伝 人斬り唐獅子」の林七郎が担当。

スタッフ

企画
俊藤浩滋矢部恒
原案
伊藤一
脚本
村尾昭
監督
降旗康男
撮影
林七郎
音楽
八木正生
美術
藤田博
照明
梅谷茂
録音
井上賢三
スチール
遠藤努
編集
田中修

ストーリー

少年院出身で、傷害の前科をもつダンプ運転手の末広勝治は、ほんの些細な交通違反がもとで起こした、公務執行妨害と法廷侮辱罪で網走刑務所に送られた。名古屋出身の強姦前科四犯小松五郎、北海道の愚連隊で傷害一年六カ月の庄司富士夫、東京出身の獣医で傷害前科二犯の大藪善男などが勝治と一緒に新入りの囚人となった。それを待ちかまえるように、受刑者のボス的存在の嵐田産業の次男源二とその一味が、庄司を狙っていた。嵐田の家は昔、庄司の父のために潰され、父母は自殺してしまった。その恨みをはらすために、この地方の木材を一人占めしようと目論み、庄司の実家の庄司木材に圧力をかけると共に刑務所内では庄司を痛めつける役目を源二が果たしているのだった。勝治は持ち前の正義感で庄司を助けるが、そのための争いが絶えなかった。これに手を焼いた所長は勝治たちを郊外作業場へ送り出すことに決め、鬼担当の神代が同行することになった。そこでも勝治は、元東京菊水会の幹部だった力石勇と、友情のようなものを感じながらも、ことごとく対立する。そこでの副場長黒部は嵐田と結託し農場の豚や木材を横流ししていた。力石はその事実を知っていたが、病気の母の面倒をみてくれることを条件に黙認する。庄司も彼らの悪事に気付くが、発覚すれば庄司木材の女主人である姉のくに子を殺すという源二の言葉に目をつむる。一方庄司木材への圧力は日に日に増し、ついに嵐田産業が放った火のために燃えあがり、勝治ら囚人たちも消火作業にかり出された。源二はこの機をとらえ、騒ぎにまぎれて庄司を殺すようにと力石に命じるが、庄司をかばう勝治のために逆に深い傷を負ってしまう。姉の危機を救うため、庄司は黒部や嵐田の奸計とは知らずに脱獄して、正当妨衛にみせかけた黒部のライフルで殺された。次に嵐田と黒部は、事を深く知りすぎた力石を殺そうと計るが、黒部は力石に殺されてしまう。事の真実を勝治に知らせると力石は息絶える。怒りに燃えた勝治は、小松五郎の協力を得て脱獄し、くに子の涙をふりきって一人、嵐田産業へ殴りこんでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。

[2016/12/26]

映画情報を22件更新しました。