日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

(秘)女子大寮
マルヒジョシダイリョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年11月21日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Inside a Girl's Dormitory  
上映時間
89分  

女子学生寮にカメラを持ち込み、その実態をさぐる。脚本は「女たらしの帝王」の小野竜之助。監督は「温泉ポン引女中」の荒井美三雄、撮影は「極道釜ケ崎に帰る」のわし尾元也がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
岡田茂佐藤雅夫
脚本
小野竜之助
監督
荒井美三雄
撮影
わし尾元也
音楽
鏑木創
美術
吉村晟
録音
堀場一朗
照明
若木得二
スチール
諸角義雄
編集
神田忠男
助監督
清水彰

ストーリー

智、徳、美をモットーとする京都西京女子大学の新学期。その男子禁制の鈴懸寮へ入った新入生--若杉美那子、服部リカ、島木万里らは、早速上級生の寮長、布川千枝から下着検査を受けたり、風紀問題でクギを刺されたり、その余りにも封建的な方針にたちまち反感を持ってしまう。絶えず意地悪な目を光らせ、きびしい監視を続ける千枝のもとで一同の戦々恐々の生活が始まる。いきおい青春の奔流を持て余した彼女らのエネルギーは外部に向けられた。やがて美那子は喫茶店でアルばバイトを始め、中村精二という大学生と知り合い、一緒に遊び歩くようになる。万里も幸雄という恋人ができた。そんな彼女ら寮生の駘蕩然とした空気を逸遠く嗅ぎつけた付近の工員、正がある夜、女装して鈴懸寮へ忍び込んだが、上級生の村上則子が発見して大騒ぎとなり、捕えられた正は素っ裸にされて追い出されてしまう。この騒ぎのあと千枝は一年生を手なずける手段として良子に近づき、おびえる良子と無理矢理にレズ関係を持ってしまった。数日後、無断外泊をして外国人とホテル街をうろつく貴代の素行が、千枝の手によって寮生の前で暴かれ、学園を去らねばならなくなる。千枝が良子を使って調べさせたのだ。勝ち誇った千枝は、この事件を機にますます寮規をきびしくする。おかげで夜のアルバイトもできなくなった千枝は、新聞広告で自分を売り、パトロンを持ってしまう。一方、スパイ行為をやって寮生たちから村八分にされた良子は、バーで酒を飲んだうえ不良に犯され、妊娠してしまいこれを千枝に知られて自殺してしまう。残された遺書には千枝に責められた事実がしたためられてあった。美那子たちは監獄のような寮規則を押しつけた学校側に責任があるとして一致団結。闘争委員会を作って規則の徹底的改正を学校側に迫った。驚ろいた学校側は緊急理事会を持つが、問題が問題だけに一層硬化し、実那子たちは寮の周囲をバリケードで固めて篭城した。男の学生を狩り集めキャンプファイヤーをして体制打倒のゴーゴー大会を始めたりするうちに、騒ぎはますます大きくなってマスコミもこの問題を嗅ぎつけだした。結局、事態のなりゆきと信用の失墜を恐れた学校側はとうとう“男子立入”の項を除いて、あとは全面的に条件をのまざるを得なくなり、闘争は美那子たちの圧倒的な勝利となった。鈴懸寮の屋上には、さながら戦勝を祝う万国旗の如く、晴れて色とりどりの下着の干し物が風にひるがえっていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。