日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

柔の星
ヤワラノホシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年12月19日 
製作会社
国際プロデュース 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
73分  

テレビで人気のある「柔道一直線」の映画化。脚本は津田幸夫、監督は山田達雄。撮影は田地野万三がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
本木莊二郎吉野達弥
脚本
津田幸夫
監督
山田達雄
撮影
田地野万三
音楽
吉野達弥
美術
斎藤嘉男
録音
杉崎喬
照明
折茂重男
スチル
亀倉正子
編集
宮田二三夫
助監督
塚田正煕

ストーリー

大下健一は、静岡県下高校柔道選手権試合に優勝した日、たった一人の母が急逝した。孤児になった健一は、東京赤坂で小さなラーメン屋を営む伯母のキヨに引き取られて上京し、東京の高校に転入学して、その柔道部に迎えられた。転校後、健一は天道高校との対抗試合に出場して負け、初めての敗北を味わった。彼は口惜しまぎれに夜遅くまで東京の街をさまよい歩き、同級生の江藤雄二たちとゴーゴー喫茶で踊り明かした。そしてそこで紹介された朱実にひかれ、柔道の練習もサボるようになり始めた。ヤケ半分での愚連隊との喧嘩では、柔道部から懲戒処分を受け、柔道部への出入りを禁止された。落胆した健一は伊豆の恩師吉岡を訪ねて暖かいもてなしを受け、自分の誤りに気づいた。東京に帰った健一は彼本来の姿に立戻り、黙々と練習に励んだ。全国高校柔道選手権大会を前に、健一の懲戒処分もようやくとけ、大会では宿敵天道高校を倒して見事優勝した。赤い夕陽が、健一を祝福するかのように照す中を、吉田たちと共に母の墓前に報告した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。