日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

二人でひとり
フタリデヒトリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年04月18日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

青島幸男が、「鐘」に次いで、発表した、風刺喜劇。原作・脚本・監督・主演を青島が兼ねている。撮影は、「続社長えんま帖」の鈴木斌が担当した。

スタッフ

製作
藤本真澄青島幸男
原作
青島幸男
脚本
青島幸男
監督
青島幸男
撮影
鈴木斌
音楽
青島幸男
美術
樋口幸男
照明
今泉千仭
録音
神蔵昇
スチル
山崎淳
編集
白江隆夫

ストーリー

服部平助はオッチョコチョイなお役人である。彼は分不相応なまでに豪華な生活をして、千冬という若い愛人まで囲っていた。それは、出入りの業者金井に不当な便宜を計ってやっていたからだった。息子の良助はそんな父親の不道徳を快く思っていなかったが、ふとしたことで千冬と関係をもつ破目となった。良助は結婚すると言い出すが平助は猛反対。かくして奇妙な三角関係が始まった。そんな中で、千冬が妊娠したからさあ大変。双方とも自分の子供であることを主張してやまず、おまけに、おせっかいな隣人加藤と八雲がからんで大騒動がはじまった。平助にも良助にも好感を持つ千冬は、こうした中にも、ともかく子供を生むことを心に決めた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。