日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

カポネの舎弟 やまと魂
カポネノシャテイヤマトダマシイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1971年01月23日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
A Boss With the Samurai spirit  
上映時間
90分  

「舶来仁義 カポネの舎弟」に続くシリーズ第二作。脚本は野上龍雄。監督は「人斬り観音唄」の原田隆司。撮影も同作の増田敏雄がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
俊藤浩滋松平乗道
脚本
野上龍雄
監督
原田隆司
撮影
増田敏雄
音楽
山下毅雄
美術
雨森義允
録音
溝口正義
照明
井上孝二
スチール
藤本武
編集
宮本信太郎
助監督
俵坂昭康

ストーリー

カポネは相棒のサンティとともに帰国した。二人は米国シンジケートから侠客の伊豆政暗殺を依頼されていた。伊豆政は公害の元兇となっている日米合弁会社ケミカル・アラムコ社に市民を代表して操業中止を要求していた。アラムコ社の陰の経営者ニックと社長の阿藤はシンジケートの一員だった。カポネたちは短時日のうちに伊豆政暗殺を成し遂げた。その足でカポネは岡山の祖母吉乃に会った。この地にもアラムコ社への反対運動が盛り上っていたが、その中で吉乃がニックの殺し屋に殺された。このことと伊豆政を殺めてしまった悔いはカポネを復讐へかりたてた。伊豆政の亡きあと、アラムコ社と対決していたのは代貸幸吉であった。が、ニックは一家の皆殺しをカポネに命じた。一計を案じたカポネは阿藤の命を狙ったが、サンティの邪魔立てで失敗した。怒ったカポネはサンティと一騎打ち、勝利した。カポネの裏切りを知ったニックは、本国から大挙殺し屋をかき集めた。対するカポネも子分を呼び寄せたがダニーを除く全員がニックの犠牲となった。やがて、カポネは伊豆政一家とニックの決戦を知った。伊豆政一家の殴り込みは、ニック一味の赤外線照撃銃の正確な着弾をうけて挫折し、幸吉もその中で死んだ。カポネとダニーは空から落下傘攻撃を開始、巨大なタンクに手榴弾を乱射し、大爆発を誘った。空高く吹き上げた炎はニックや阿藤の死体を赤々と照らした。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。