日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

走れ!コウタロー 喜劇・男だから泣くサ
ハシレコウタローキゲキオトコダカラナクサ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1971年02月06日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

周囲から無理矢理に騎手に育てあげられたしょぼくれ男が故郷で可愛がっていた愛馬コウタローと再会し、出場レースに連戦連勝する物語。主人公の藤倉俊介には、新しいタイプの喜劇役者として人気のある藤村俊二が当る。なお彼にはこの後「男だからホレるのサ」と「喜劇・突然変異」の主演作が続いている。脚本は「男の世界」の中西隆三。監督は脚本にも参加している「喜劇 新宿広場」の山本邦彦。撮影は「無頼漢」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
大木舜二
脚本
中西隆三山本邦彦
監督
山本邦彦
撮影
岡崎宏三
音楽
小杉太一郎
美術
樋口幸男
録音
神蔵昇
照明
榊原庸介
スチール
岩井隆志
編集
諏訪三千男
助監督
渥美和明

ストーリー

この世に稀なお人好しで、人一倍のあわて者、赤ん坊の時に乳母車から真っ逆さまに落ちて乗り物恐怖症になった藤倉俊介は、父馬吉から馬吉が果しえなかった一人前の騎手になる夢を託され、家出常習娘アケミと東京へ飛び出した。ところがアケミには、春川というヤクザな男が出迎え、たちまち東京のド真ン中へ放出された俊介は上京第一日目から泣きっ面。その頃、東京で一旗上げようと上京していた心臓男花村京太と知りあったが、俊介の財布は、無一文で空腹をかかえた京太の大食に、早くもスッテンテン。俊介は、嵐田万三厩舎で馬丁を募集しているのを知った。嵐田は俊介が昔仲間の馬吉の息子と知り採用した。そこで俊介を待っていたのは、亭主よりも馬の方が好きだという、出戻り娘のカナ子だった。彼女のシゴキには定評があり、その猛特訓に堪えきれず逃げだした見習い騎手が一ダースもいるというじゃじゃ馬娘。カナ子の激しいスパルタ教育の結果、俊介は将来の大物とタイコ判を押され、そしていよいよ初出場の日がきた。しかし、かねてより一目惚れしていた、ホースフラワーの馬主馬越平九郎の娘かすみの姿が目の前にちらつき見事落馬。傷心の俊介は、脚を痛めて廃馬寸前のなつかしいコウタローと再会した。俊介と調教師熊五郎の日夜をついでの涙ぐましい努力でコウタローは奇跡的に立直った。一方、馬越の運転手となり、奇妙な友情で結ばれている京太から、俊介と熊五郎とコウタローの話を聞いたかすみはすっかり感動、友人たちとコウタローの馬主になり応援することになった。憧れのかすみから勝利の女神のメタルを贈られた俊介は、それを愛のしるしと思いこんで有頂天。持病の恐怖症もすっとばした俊介とコウタローの活躍は素晴らしく、出場レースに連戦連勝。遂にファン投票で一位を獲得し日本グランプリレースの出場が決定した。俊介は、コウタローの勢いに恐れをなした馬越の妨害があったものの、花村に救いだされ、いよいよ大レースの発走。熱狂する観衆を前に各馬一群になって疾駆するが、コウタローは進路を塞がれて出るに出られずドン尻。俊介の頭の中に、嵐田の激励、カナ子の特訓が光のように駈けめぐる。俊介の鞭が鳴った。踊り出たコウタローはいならぶ名馬をゴボー抜きにし、ゴール直後、俊介まで振り落して見事優勝。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。