日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喜劇 猪突猛進せよ!!
キゲキチョトツモウシンセヨ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1971年02月10日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

CMディレクターの兄と、かつらのセールスマンの弟の似たもの兄弟が巻き起こす恋の争奪戦。スットボケの二枚目な弟と、ズッコケの三枚目な兄がかもしだす現代兄弟気質、ウーマンリブに反した男権復活、現代社会に生きる若者の人間関係をチグハグな笑いを織りまぜながら描く。原作は舟橋和郎。脚本・監督は「喜劇 右むけェ左!」の前田陽一。撮影は堂脇博がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
猪股尭
原作
舟橋和郎
脚本
前田陽一
監督
前田陽一
撮影
堂脇博
音楽
山本直純
美術
梅田千代夫
録音
田中俊夫
照明
佐久間丈彦
スチール
金田正
編集
太田和夫
助監督
佐光曠

ストーリー

里枝には女手一つで育てた二人の息子がいる。兄太郎は大学を出てサニー広告代理店のCMディレクター。弟次郎はちっぽけな会社シャポー・ド・ルナのかつらのセールスマンをしている。里枝はそんな息子たちに未来の夢を託していた。ある日次郎は、セールス先で、喫茶店のウェイトレスをしている志保子に、太郎の恋人ともしらず一目惚れしてしまった。志保子は“髪の命”の宣伝課長矢崎八兵衛の娘で、太郎と結婚を目前に控えていたが、肝心の太郎が煮え切らず不安になっていた矢先だけに、次郎の積極的な行為は彼女を刺激した。志保子は父、八兵衛から“髪の命”のCMに出てみないかといわれ、このCMを担当しているディレクターの太郎に相談したが太郎は大反対。結局、サニー広告代理店の社長土井明の目にとまり口説き落された。そして湘南海岸で撮影した志保子のビキニのCMは大好評を博した。しかし太郎は、土井が志保子に親しく接するのが面白くなく、とうとう志保子と喧嘩別れをしてしまった。一方、次郎はテレビのCMを見て、初めて一目惚れした志保子が太郎の恋人だと知るが、そんなことはおかまいなしに、彼女と結婚すると宣戦布告した。そして、土井にしつこく言寄られる志保子を助けたことから二人は急激に仲良くなった。一方太郎は、一旦は喧嘩別れして、二度と会わないと宣言したものの、どうしても志保子のことがあきらめきれず、思い切って志保子にプロポーズした。志保子も太郎の本心を知り、これを受け入れた。有頂点になった太郎は独身最後の浮気にと、いきつけのキャバレーの女ミッチィをホテルにさそったが、これを、次郎と最後のデートをしていた志保子に見つかり、婚約は破棄された。やがて、失恋した太郎のもとに、志保子と次郎の結婚案内が届いた。傷心の太郎はミッチィに誘われてスキー場へと向うが、心ははずまなかった。そして式の前夜、命がけで花嫁を奪う決意をした太郎は、一昼夜車を飛ばして、結婚式場へとかけつけ、花嫁姿の志保子を抱えて逃げたが、後を追ってきた里枝と次郎に連れ戻され、和解した太郎と次郎の話し合いの結果、式場は太郎と志保子の結婚式にと変った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。