日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

凄い奴ら
スゴイヤツラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1971年03月06日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

三兆円のダイヤ原石の奪取作戦。“暴れん坊トリオ”が捲きこまれた国際的大事件に某国の美女や怪盗が入り乱れてのアクション喜劇。原作は泉大八の『舌には舌を』。脚本は「裸でだっこ」の白坂依志夫、監督は「喜劇 男売ります」の西村潔。撮影は「どですかでん」の福沢康道がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
藤本真澄金子正且
原作
泉大八
脚本
白坂依志夫
監督
西村潔
撮影
福沢康道
音楽
佐藤勝
美術
竹中和雄
録音
原島俊男
照明
比留川大助
スチール
石月美徳
編集
諏訪三千男
助監督
瀬川淑

ストーリー

美しい富士山を背景に広がる沼津の街。大介、小太郎、中彦は高校時代からのノンキな“暴れ者トリオ”だが、ある日イカス女の子、清水万里と知り合って以来、変な人生を踏むハメになってしまった。それは大介が、万里の兄、功の身変りでオランダの宝石王の第四夫人、藤倉宮子のガードマンになったからだ。宮子の躰は底なしに男の精気を吸いとり、そのおかげでガードマン兼浮気の相手をつとめていた功の躰は完全に消耗しダウン寸前。大介は功の替りの当て馬にされたわけだが、絶倫の大介に宮子は大満足。そして万里は中彦に熱をあげ、小太郎は宮子の浮気監視役で殺し屋のジーナーやジョンらホモ意識過剰な男どもに、追い廻されるはめになった。宮子は母の墓参と偽って帰国したが、真相は忘れえぬ恋人、大野完二と再会するのが目的。昔、ダイヤモンドに眼がくらんだ宮子は、完二を捨てて宝石王のもとに走ったが、それ以来人間不信になった完二は、世界でも一、二の宝石カッターになったいまでも、工房にひっそり暮している。その完二が何者かに誘拐されると同時に三兆円のダイヤの原石“アラブの星”が盗まれたというシンジケートの情報が宮子のもとへ入った。“アラブの星”は、アラビカ共和国の王室に伝わるもので現在の革命政府に没収されているが、王室制度の復活を狙う王党派の女ボス、ハディージャがその資金源を奪取して日本に持ちこみ、完二を監禁して原石のカットを要求していた。ハディージャ一味のマヌケな殺し屋陳や、レスラー崩れの巨漢に再度のリンチをうけながらカットを拒否し続ける完二。三兆円のダイヤを横取りするために立ちあがったが、彼らの行動を逸早く探知したハディージャ一味の巨大な組織がたちはだかり、なんなく捕えられてしまった。ダイヤ原石の奪い合いは混沌としていったが、やがてアラビカ共和国の宝石王は急死し、スキに乗じた完二と宮子は国外に逃亡した。その後を追ったハディージャに解放された“暴れん坊トリオ”にはまたもとの退屈な毎日が待っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。