日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

未亡人殺しの帝王
ゴケゴロシノテイオウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1971年02月25日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

夜の帝王が生き馬の目を抜く大阪でドケチ女と対決する。脚本は「(秘)女子大寮」の小野竜之助。監督は「不良番長 暴走バギー団」の内藤誠。撮影も同作の山沢義一がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
矢部恒
脚本
小野竜之助
監督
内藤誠
撮影
山沢義一
音楽
小杉太一郎
美術
北川弘
録音
宗方弘好
照明
桑名史郎
スチル
槙大輔
編集
祖田富美夫
助監督
岡本明久

ストーリー

九州の貧しい炭坑地に生れ育った浩は、父親が硅肺で命を断った時から、このさびれた町に、病院を建てることを夢みていた。ある日、父親の法事のために、九州の実家に帰っていた浩のもと、留守を預けた相棒の政から電報が舞い込み、浩は政の待つ大阪へ向った。博奕好きの政は、大村というサワ師のために、店と預金通帳を取られたうえ、浩の名儀の二百万の借金まで背負って大阪まで逃げて来たのだった。浩は、政の話を聞いて一度は怒ってみたものの交通事故で入院する羽目になる政を見て、ドケチの本場大阪で再出発しようと決意した。そして、デザイナーのもとこを手はじめに、長唄師匠春千代らにアタックしたが、サイフのヒモはかたかった。一方、大阪まで追ってきた大村のために、病院を追われた政は、街で昔のダチ公初子と出逢った。久々に釜ケ崎のアパートに戻った浩は、アパートが、大阪一のドケチ男で資産家の栗林産業社長栗林と組んだ大村たちのために窮地に追い込まれていることを知った。同じ山の出身者であるアパートの家主や住人たちのために、浩は借地のための三千万円の契約金を揃える決意をした。そして、栗林の別れた女房で、栗林産業の大株主で実力者の栗林タカの攻略を始めた。また、政も印相鑑定師となって栗林、大村に対決を挑むのだった。芦屋の栗林邸にのり込んだ浩は、ドケチ一本の生活を続けていたタカをとき伏せるのに四苦八苦。一筋なわではいかなかったが、一夜続いた勝負は浩が勝った。タカから三千万円受け取った浩は、政とともに、栗林、大村が待つ事務所へと向うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。