日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

泣いてたまるか
ナイテタマルカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1971年10月01日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

TVで放映されていた山田洋次、稲垣俊原作の「泣いてたまるか」の映画化。脚本は「コント55号とミーコの絶対絶命」の大西信行。監督は脚本も執筆している「望郷(1971)」の宮崎晃。撮影は「喜劇 あゝ軍歌」の加藤正幸がそれぞれ担当。なお宮崎晃は、昭和九年東京に生まれ三十六年東京外国語大学ロシア語科卒業、同年松竹に入社し、主として野村芳太郎、山田洋次の助監督を勤め、これが監督昇進第一回作品となる。

スタッフ

製作
名島徹
原作
山田洋次稲垣俊
脚本
宮崎晃大西信行
監督
宮崎晃
撮影
加藤正幸
音楽
木下忠司
美術
重田重盛
録音
栗田周十郎
照明
佐久間丈彦
スチール
赤井博且
編集
大沢しづ
助監督
大嶺俊順

ストーリー

運送会社の長距離トラックの運転手平山源太郎は、世話好きでお人好、三十九歳でいまだ独身である。彼は母親とみと二人暮しで、ときどき腹違いで調子の良いちゃっかり屋五郎が家に帰ってくる。ある日、源太郎は新潟の国道沿いで、男に乱暴されそうになっている娘弘子を助けた。彼女は、東京のキャバレーで働く友人を頼って家出を決意し、上京する途中のできごとだった。事情を知った源太郎は弘子を家に連れてくる。幸い母親も弘子の素直な性格を見ぬいてか、気に入った様子。こうして弘子は源太郎の家で暮すことになった。しかし、いつまでも迷惑をかけられないと思った弘子は、小料理屋に住込みで働くことを決めた。弘子に好意を持っていた源太郎は、小料理屋の主人が人一倍の好色家だと聞くと落着かず、弘子を訪ねるが、何を錯覚したのか、主人と大喧嘩、弘子の勤めをメチャクチャにしてしまい、果ては警察のご厄介になる始末。数日後、北海道から帰った源太郎は、運転手仲間の溜り場のスナックで働く弘子と再会した。このスナックは、源太郎のかつての先輩の未亡人道子が経営しており、弘子のことは母親が頼んだのだった。そんなところに五郎が帰ってきた。顔で笑って心で泣く源太郎の心境も知らず、五郎は弘子に近づきデートを申し込む有様。ある日、五郎は弘子が同郷の青年にホテルに連れ込まれるところを助けたのをきっかけに求婚したが、弘子は五郎とは単なる友達付合いだと思っていたので、益々源太郎の家に居ずらくなり、道子にだけ居所を告げて二人の前から姿を消した。源太郎は五郎をせめたが、五郎の素直な気持を知り、逆に応援を引受けてしまう破目になってしまった。数日後、源太郎は五郎の気持を弘子に伝えるうちに次第に熱して、自分の慕情を打明けてしまった。弘子も驚ろいたが、丁度、来合わせた五郎は「約束が違う」と怒り、打ちのめされた源太郎は家に帰って母親とも口喧嘩、はずみで「それじゃ、五郎と暮せ!」と捨てぜりふを残して家を出た。それから一年後、ダム工事で働く源太郎が久しぶりで家に帰ると、弘子がいた。弘子と五郎は夫婦になっていたのだ。泣きそうになる気持を押えて「よかった、よかった」と笑顔を作りながら、源太郎は工事現場へすごすご帰っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。