日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女の花道
オンナノハナミチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1971年11月20日 
製作会社
東宝日本コロムビア 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
103分  

昭和二十一年、八歳で芸能界にデビューした美空ひばりの芸能生活二十五周年を記念して、川口松太郎が彼女のために書いた原作を、「幻の殺意」の沢島忠と岡本育子が脚本化した。監督は沢島忠、撮影は「女房を早死させる方法」の山田一夫がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
椎野英之吉沢茂渡司馬場和夫酒井肇加藤喜美枝
原作
川口松太郎
脚本
沢島忠岡本育子
監督
沢島忠
撮影
山田一夫
音楽
佐藤勝
美術
植田寛
録音
増尾鼎
照明
中山治雄
編集
黒岩義民
助監督
中野弘也
スチル
田中一清

ストーリー

安政六年、五歳の時から出雲大社に仕えていたおきみは十六歳になった。同時に、歓進坐子の許しがでると、育ての親であるおいねと歓進の旅を始めた。おいねに五歳の時拾われたおきみの踊りは天才的なひらめきがあり、以来天才坐子と人々に騒がれていたが、異国では乞食扱いされ苦しい旅だった。しかし、おきみの踊りは、貧しい百姓たちの拍手を浴び、舟の中で知り合った行商の薬屋圭介からは、生命力にあふれる踊りとほめられた。年老いたおいねは病床に伏し、息をひきとった。おいねの位牌を胸に出雲へ帰る途中、おきみは偶然、志摩流家元丹後の地唄舞を見て、その素晴らしさに魅せられ、弟子入りした。文久元年冬、おきみは十八歳になった。その毎日は、掃除、洗濯に追われ稽古場に入ることも許されなかったが、翌年の夏の終り、丹後から稽古をつけてもらえることになった。それからのおきみは、めきめき腕をあげていき、弟子入りしてから三年、とうとうその年の二条宮家舞の宴に抜擢される迄になった。その見事な舞は、二条宮、嵯峨野の称賛をえ、「花影」という名を貰った。そんなおきみに、恋という一つの試練が訪れた。歌舞伎の振付師篠原流家元文二郎に強く魅かれていったおきみは、二代目を継がせようとする丹後を捨て、文二郎の許にとび込んでいった。だが幸福なはずの結婚はうまくいかなかった。形式を重んじる文二郎の舞と、生命力溢れるおきみの舞とは対立したし、舞を忘れられないおきみは死人の様な生活に耐えられなかった。時代は変動しつつあった。長州藩が御所に攻め上がり京の町は火と化した。避難民の群れでごった返す町の中を、おきみは丹後の許へ走った。彼女はようやく自分から舞を取ったら何も無くなることに気ずいたのだ。おきみの望んでいた踊りは、大衆とともに、大衆の中で踊り続けていくものだったのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。