日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

極道罷り通る
ゴクドウマカリトオル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1972年07月03日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

極道ひと筋、悪い奴には横紙破りの大暴れで懲らしめる大阪は釜ケ崎に住む島村清吉が巻き起す騒動を、痛快にユーモラスに描く“極道”シリーズ第八作目。脚本は「ゾロ目の三兄弟」の高田宏治、監督は「望郷子守唄」の小沢茂弘、撮影も同作の吉田貞次がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
俊藤浩滋松平乗道
脚本
高田宏治
監督
小沢茂弘
撮影
吉田貞次
音楽
渡辺宙明
美術
鈴木孝俊
録音
野津裕男
照明
北口光三郎
スチール
藤本武
編集
宮本信太郎
助監督
篠塚正秀

ストーリー

代紋を持たないことから西友会々長、上津原に大恥をかかされた島村清吉は、地方の潰れそうな一家の代紋を買収すべく、子分の五郎を連れ旅に出た。鷲羽市では現在、コンビナート建設をめぐって地元の岩橋組と漁師達が争っていたが、岩橋組のバックに西友会がいるのを知った清吉は、漁師達に味方する。また、鷲羽組々長政五郎と知り合い、真の任侠道を説かれ一家で修業することにした。一方、鷲羽へ乗り込んで来た上津原は、市長や、県会議員を買収し、漁民達の弾圧にとりかかる。見るに見かねた清吉は、単身岩橋組に乗り込む。しかし、上津原の甘言に乗せられ、ていよく追い返されてしまった。やがて、政五郎が、岩橋組に捕らわれてしまった。怒った清吉はまたも岩橋組に殴り込み、政五郎を救出するが、反対に捕われてしまう。岩橋組の客分となっている石堂常男は、刑務所時代からの清吉の友人で、清吉の命と引きかえということで政五郎暗殺に協力する。清吉の安否を気ずかって駆けつけたみね子と五郎の働きによって清吉は無事救出された。政五郎は一目散に会いに来た清吉に日本刀を跡目盃のかわりに渡し息を引きとる。清吉は、代紋がわりの日本刀とダイナマイトを腰に岩橋組へと乗り込んでいく。渡世の空しさを身を持って知った石堂は清吉のドスを自ら受けるようにして倒れるのだった。清吉はやっとのことで手に入れた金筋の代紋を肩に次々と血祭りにあげていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。