日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

着流し百人
キナガシヒャクニン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1972年10月12日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

新シリーズ“着流しヤクザ”第一作目。北陸金沢を舞台に個性豊かな博徒群像を軽快なタッチで捉える。脚本は松浦健郎、監督は「極道罷り通る」の小沢茂弘、撮影も同作の吉田貞次がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
俊藤浩滋橋本慶一
脚本
松浦健郎
監督
小沢茂弘
撮影
吉田貞次
音楽
広瀬健次郎
美術
鈴木孝俊
録音
渡部芳丈
照明
増田悦章
スチール
藤本武
編集
宮本信太郎
助監督
篠塚正秀

ストーリー

大正中期・上州前橋。旅修業中の渡世人山田角太郎は前橋監獄前にさしかかった時、出所したばかりの老ヤクザ南部鉄五郎を三人の刺客の手から助けた。ぜん息持ちの鉄五郎の身を案じた角太郎は金沢まで同行する。ある温泉で角太郎は、旅の渡世人米吉と、女刺青師・乱れ菊のお半と知り合った。その夜、ふたたび刺客が鉄太郎を襲った。そしてその刺客は金沢の金時親分がさし向けたものであったことが判明した。十三年前、当時旅中の鉄五郎は、代貸であった金時が跡目ほしさから親分を闇討ちしたのを目撃した。そして二年後、それとも知らず金時一家に草鞋を脱ぎ、親分殺しを知られている金時は一宿一飯の義理をたてに対立する夕立一家の親分殺しを鉄五郎に命じた。鉄五郎は夕立親分を殺し義理を果たしたが、夕立親分の八歳の娘のあどけなさが眼に焼き付いて離れなかった。鉄五郎の金沢入りは成長したその娘に、父の仇であることを名乗り出るためだったのである。角太郎は、お半に刺青を彫らすと約束したため、湯湧温泉へと向かったが、その途中、女にかけては天下一品の渡世人銀次郎、暴れ者の馬車の御者勘次、破戒坊主の好五郎らが角太郎の子分にと集った。七日間かかって角太郎の背中一面に乱れ菊の刺青がお半により彫られた。そしてお半の身上話から角太郎は、お半が夕立親分の娘であることを知る。角太郎は金時一家の賭場に乗り込むが、逆に一家の子分たちに囲まれた。が、客分大田原のはからいで難を逃れる。一方、鉄五郎は、お半と出会い、命を投げ出して詫びる。そんな鉄五郎をお半は心よく赦すのだった。やがて、金時一家より角太郎に喧嘩状が届けられた。角太郎は、銀次郎たちの意志もあり一家を名乗り挙げて、喧嘩を引き受けることにする。喧嘩仕度の角太郎親分を先頭に米吉、銀次郎、勘次、好五郎、そして鉄五郎が後につづき、決闘場所に殴り込んだ。先陣をとる角太郎、次々と血しぶきが散る。よろめく金時の胸に親の仇とばかりお半の怨念のこもった匕首が、つき刺さる……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。