日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

緋ぢりめん博徒
ヒヂリメンバクト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1972年11月21日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

“ポスト藤”としてデビューした中村英子主演第一回作品。明治中期の関東を舞台に、やくざの世界に身をおく五人の女侠の赤裸々な生き方を軸に、義理と人情の波間にただよう女の哀しさとエロティシズムを描く。脚本は「極道罷り通る」の高田宏治、監督は「怪談昇り竜」の石井輝男、撮影は「女番長ゲリラ」の赤塚滋がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
俊藤浩滋日下部五朗
原案
団鬼六
脚本
高田宏治
監督
石井輝男
撮影
赤塚滋
音楽
鏑木創
美術
富田治郎
録音
荒川輝彦
照明
北口光三郎
スチール
諸角義雄
編集
市田勇
助監督
清水彰

ストーリー

浦和・新川一家に対する一宿一飯の義理から、東京砂町の榎屋一家の親分三右衛門を斬った美貌の女博徒、鬼百合のお勝が、五年間の刑を終えて出所したのは明治十五年の秋であった。お勝は、服役中に知りあった、流山の江戸幸組の娘お秀を訪ねる途中、金町の帝釈天一家の賭場へ立ち寄った。ところがお勝に一目惚れした帝釈天牛五郎は、イカサマ賽をつかってお勝を負かし、お勝の身体を自由にしようと企む。しかし、丁度居合せた盲目の女博徒、波千鳥のお紋の気転により、お勝は危機を脱した。やがて、お勝とお紋は江戸幸にわらじをぬいだ。江戸幸は渡世から足を洗い船荷の仕事をしており、親分の急死の後、お秀が一人で取りしきっていた。そんな江戸幸の縄張りに目をつけた水神一家の吉五郎は、弟分の牛五郎と結託し当時東京から進出して来た新川組を喰い止める事を条件に縄張りを明け渡すようお秀に詰め寄る。しかし、お秀は二人の申し出を断り、単身新川一家に殴り込みをかけた。そして、見事親分辰造を叩っ斬るが、用心棒の佐倉政之進にあえなく倒されてしまった。一足遅く駆けつけたお勝は、お秀の仇を討つべく政之進と対決するが、とうてい政之進の敵ではなく、一撃のもとに気を失ってしまった。お勝の美しさに理性を失った政之進は突然、お勝を抱きしめた。ところが、この政之進こそお勝がまだ十歳の頃、両親に死なれ、一人戦場をさまよっているのを助けてくれ、それ以来女博徒になってまで、その面影を追っていた青年武士だったのである。お勝の唯一の夢は無残にも消え、夢は憎しみへと変っていった。一方、お秀が死に、新川一家が壊滅したのを知った吉五郎たちは一気に、江戸幸へ殴り込み、お紋をも惨殺してしまう。怒り心頭に達したお勝は、水神一家へ。しかし、多勢に無勢、返り討ちになろうとするところを皮肉にも政之進が窮地を救う。政之進の助勢を得たお勝は、怨みの長脇差を吉五郎、牛五郎へと突き刺していった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。

[2016/12/26]

映画情報を22件更新しました。