日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

実録白川和子 裸の履歴書
ジツロクシラカワカズコハダカノリレキショ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年02月21日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
77分  

結婚のため映画界から引退する白川和子の、波乱に富んだ半生を映画化した作品。脚本は「(秘)弁天御開帳」の田中陽造、監督は「熟れすぎた乳房 人妻」の曽根中生、撮影は「昼下りの情事 変身」の森勝がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
武田靖
脚本
田中陽造
監督
曽根中生
撮影
森勝
音楽
多摩零
美術
渡辺平八郎
録音
橋本文雄
照明
高島正博
スチール
浅石靖
編集
辻井正則
助監督
高橋芳郎

ストーリー

演劇に憧れるごく平凡な女・白川和子の運命を変えたのは演劇仲間に騙され、暴行されてからだった。そんな和子を珍プロダクション社長・珍田はやさしくいたわり、ピンク映画へと誘った。半年後、「不倫の悶え」で和子はデビューした。着実に人気を伸ばしていった和子だが、キャメラマンと愛しあい同棲生活を送っていると、女優への疑問を抱き、二人の生活も女優をも捨ててしまうのだった。ところが、奉仕活動として老人家庭を訪問した時のことである。その老人の生きがいが、和子の映画を見ることで、和子の古いスチルを大事に持っているのを知った。ここで一つの壁を突き破ることができた和子は後に夢中になって映画に出演して、四年間に二百本近くもの主演作を撮り、“ピンク映画の女王”と君臨するのだった。やがて彼女に転機がやって来た。以前共演したことのある瀬木との結婚話である。和子は引退を決心した。彼女にとって夢にまで見た平和な家庭生活である。そんな時、珍田が日活出演の話を持って来た。和子はやはり結婚よりも仕事を選んだ……。十一月八日、彼女の日活第一作が完成した。その日は瀬木との結婚の日でもあった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。