日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

にっぽん三銃士 博多帯しめ一本どっこの巻
ニッポンサンジュウシハカタオビシメイッポンドッコノマキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1973年01月15日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
96分  

「にっぽん三銃士」第二部。世代も、職業も、考え方もまるっきり違う戦中、戦後、戦無派の代表選手が九州・博多を舞台にシンジゲートの大組織を敵にまわして大活躍する喜劇。脚本は「にっぽん三銃士 おさらば東京の巻」の長野洋、監督は同作の脚本も執筆している岡本喜八、撮影も同作の村井博がそれぞれ担当。

スタッフ

監督
岡本喜八
助監督
渥美和明
製作
山田順彦
原作
五木寛之
脚本
岡本喜八長野洋
撮影
村井博
音楽
佐藤勝
美術
阿久根巖
照明
佐藤幸次郎
編集
黒岩義民

ストーリー

わずか一日で職場と家庭と婚約者を失った忠吾、八木、一郎は九州・博多へ流れついた。そこのスラム街で三人は“カラス”のお新と知り合った。お新は酒場やレストランで客が飲み残したビールをミックスして“玄海ビール”と称して売っている、三人は早速、ビール集めを手伝い始めた。ある日、一郎は、ウルフ興行の総務部長で剣の達人・北風の健と対面した。ウルフ興業では三人をお新が雇った用心棒と勘違いしているらしい。一方、健の知らぬ所でウルフ側のビール製造の妨害が露骨になってきた。その頃、大九建設が、スラム街を買いとってパンスト工場を建築、住民たちには金銭か代替地を補償するという話を持ち出してきた。お新はタンカをきって移転を拒否し、三人とともに移転反対の市民運動を展開した。スラム街に血の雨が降った。ウルフ興業がついに急襲したのである。抵抗するお新たち。その時、一郎と、恋人のマリがブラジャーとパンティだけの姿で、野次馬を引き連れて。乱闘現場に乗り込んできた……。数時間後、乱闘は収まったが、忠吾はパンスト工場とは実は兵器工場であるということを知った。激怒する忠吾。しかし、すでに遅くお新は、立退き協定に調印した。大九建設は家庭を保証した、住民たちはやっと人並みの生活ができると大喜びである。お新は義理と人情の板ばさみに苦しんだ末の決断だったのだ。スラム街には忠吾、八木、一郎、マリの四人だけが残った。元凶ウルフ興業に殴り込もうとする四人の前に、三人と会社の板ばさみになった健が指をつめ、殴り込みを断念するように頼んだ……。朝の光を背にうけて三銃士はションボリ引き上げるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。