日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

卑弥呼
ヒミコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1974年03月09日 
製作会社
表現社日本ATG 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Himiko  
上映時間
100分  

日本古代史の謎〈耶馬台国〉の女王・卑弥呼を捲きこんだ土着民と征服民という二つの勢力の宗教的な争い通して日本人の根源的な美意識を描く。脚本は「札幌オリンピック」の富岡多恵子、監督は脚本も執筆している「化石の森」の篠田正浩、撮影は「薔薇の葬列」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
岩下清加藤正夫葛井欣士郎
脚本
富岡多恵子篠田正浩
監督
篠田正浩
撮影
鈴木達夫
音楽
武満徹
美術
粟津潔
録音
西崎英雄
スチル
三留理男
編集
山地早智子
助監督
小泉真

ストーリー

このクニは神の祭事もクニの祭事も、ヒミコの聴く日の神の言葉で行われていた。そして、クニの政事は、オオキミを長として、ミマキ、イクメという二人の息子と、ナシメ老人が中心となって行われていた。タケヒコが遠い国から、このクニに帰って来た。ある夜、ヒミコはナシメに、タケヒコを呼ぶように命じた。タケヒコには国ツ神の臣の娘アダヒメが、というナシメの意見を無視するヒミコ。逞しい若者に成長したタケヒコはヒミコにとって異母弟にあたった。タケヒコを抱きしめるヒミコの顔が女の顔に変る。タケヒコは肉親の情から異性への欲情に変化するには少しのためらいがあったが、肉体の若さがそれを打ら消した。ヒミコがタケヒコを恋い慕っているという噂がオオキミの耳に入り、彼はヒミコが聴く神の託宣に疑問を持ち始めた。ヒミコなくしては、このクニの政事はできぬ、と思うナシメは秘かに策をめぐらした。神殿で神を招くために琴をひきならすオオキミ。ヒミコの口からでた神のお告げは、神の言葉を疑ったオオキミの死だった。それを聞いて怒ったオオキミを背後からナシメが刃物で刺し殺した。琴の上に倒れたオオキミを見て、人々は恐れおののいた。やがて、オオキミの埋葬が行われ、ミマキが王となった。クケヒコを追ってこのクニにやって来ていたアダヒメは、彼に恋する想いを打ち明けた。強く抱き合う二人。この二人のことを知ったヒミコは怒り狂い、タケヒコを逮捕して、彼の瓜を剥ぎ、入れ墨をしたうえ、このクニから追放した。タケヒコの後をフダヒメが追った。やがて、ヒミコはミマキとイクメに、タケヒコが国ツ神に守られて再びこのクニに現われる、というお告げを呻くように繰り返した。ヒミコのお告げ通り、国ツ神の兵をひきいて先頭に立つタケヒコとアダヒメか襲って来た。だが、戦いは国ツ神側の敗北に終り、タケヒコは死んだ……。この戦さの後、ナシメとミマキはヒミコ殺害の謀議を行い、数人の国ツ神の男たちにヒミコを襲わせ殺害してしまった。ヒミコの死後、老いさらばえたナシメは、ひとり荒れ果てた台地をさまよっていた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。