日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

超能力だよ全員集合!!
チョウノウリョクダヨゼンインシュウゴウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1974年08月03日 
製作会社
松竹渡辺プロ 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

ドリフターズの「全員集合」シリーズ十三作目で、易者に扮したいかりや長介を中心に捲き起こす大騒動を描く。脚本は「喜劇 男の腕だめし」の田坂啓、監督は脚本も執筆している「にっぽん美女物語」の渡辺祐介、撮影は「大事件だよ 全員集合!!」の荒野諒一がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
沢村国男
脚本
渡辺祐介田坂啓
監督
渡辺祐介
原作
渡辺祐介
撮影
荒野諒一
音楽
青山八郎
美術
重田重盛
録音
鈴木功
照明
佐久間丈彦
スチール
小尾健彦
編集
寺田昭光
助監督
白木慶二

ストーリー

井刈長山は、しがない易者で、今だに彼の卦は当ったためしがない。そんな長山の前に現われたのが、加藤ヒデオという放浪の詩人。ヒデオは実は秋田の材木屋の伜なのだが、工事現場の事故で記憶喪失症にかかっていた。ところがヒデオの持っている「ノータリンダメスの大予言」という散文詩を読んだ長山はビックリする。長山は現在、高木風太夫婦の焼き鳥屋の二階に間借りをしており、向かい側には仲の悪い、仲本不動産屋があり、そこではタコという社員をこきつかっているのだが、それらを全て「大予言」は言い当てているのだ。ヒデオを大予言者と信じた長山は早速連れて帰り、高木たちと、ヒデオを「知らない様」と命名して、大宣伝。これが大受けで、久々に大金をものにした長山は有頂点になる。一方秋田では、ヒデオの蒸発以来、父金之助は病気で倒れ、そんな金之助の所有する広大な山林に眼をつけているのが、新興宗教「お恵み教」の銀次だった。ヒデオの姉しのは、恋人の清に相談して、一刻も早くヒデオを探し出して、財産手続きをさせようと上京した。しのは、友人の洋子が経営しているスナックへ行くが、そこにいた長山がしのに一目惚れ。しのの弟さがしの話を聞くと、毎日いじめているヒデオが当人とも知らずにヒデオを捜してやると、しのに約束するのだった。しのの上京を知った銀次は急いで後を追い、松島易断の松島一斉を訪ねた。この松島こそが、銀次の兄であり、山林乗っ取りの黒幕だった。そして、記憶を失っているヒデオを、仲本を買収して誘拐してしまった。一方、困りきったしのは、松島易断を訪れた。飛んで火に入る夏の虫、とばかり、数日後松島はしのに、弟が見つかったから登記書を持って来るように、と連絡。だが記憶を失っているヒデオを見たしのは、罠にはめられたことに気づいた。一方、銀次に買収されていた仲本とタコから一切を聞かされた一同は怒り心頭。その夜の松島の主催する祝賀会に、中国の奇術団に扮して乗り込んだ。そして、その身元がバレたために大乱闘。その時、飛んできたテーブルが長山とヒデオの頭に命中、ヒデオの記憶が戻り、長山の記憶が失せてしまった……。数日後、松島は検挙され、しのは清と結ばれた。夜の新宿。今日も易者の前には長い行列。その中に長山の姿もあった。「私は一体誰なんでしょう? ねえ、おしえて……」

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。