日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

嗚呼!!花の応援団 役者やのォー
アアハナノオウエンダンヤクシャヤノォー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1976年12月25日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
105分  

南河内大学の応援団を舞台に、喧嘩には強いが女にはめっきり弱い親衛隊隊長を主人公にしたナンセンス喜劇。原作はどおくまんプロの同名劇画。今回は第二作目で主人公・青田赤道も二代目。脚本は前作の「嗚呼!! 花の応援団(1976)」の田中陽造、監督も前作同様に曽根中生、撮影は「団地妻 (秘)出張売春」の山崎善弘がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
三浦朗
企画
成田尚哉
原作
どおくまんプロ
脚本
田中陽造
監督
曽根中生
撮影
山崎善弘
音楽
コスモスファクトリー
美術
柳生一夫
録音
橋本登司美
照明
松下文夫
スチール
目黒祐司
編集
鍋島惇
助監督
山口友三
制作補
天野勝正

ストーリー

チョット頭のたらない河内八郎太。大学の応援団は天国という話を耳にした。女は抱き放題、授業はでなくても単位はとれる。そこで八郎太は応援団に入団した。幹部連中は入団費が入るとウハウハ喜んだが、何とこの八郎太が大阪一の暴力団・悪心会会長の孫と聞き、さすがの幹部も手も足も出せず、八郎太の言いなりだった。そこに何も知らない青田赤道が登場。八郎太に犬になれと命令された青田は八郎太を頭からガブリとやってしまった。そこで、八郎太に引き連れられて、悪心会のメンバーがやってきたからさあ大変……。さてそうこうしているうちに、夏の合宿が始った。青田と剛田先輩が遅れて参加するのを良いことに、薬痴寺と幹部連中は連日連夜に渡っての凄まじいシゴキを行った。一・二回生はヘトヘトになり、とうとう合宿所から脱走を試みる事件が起きた。さて青田が、泉北大相手に大暴れしたのが原因で、泉北大学は、全校上げて南河内大に挑戦してくるという問題が起きた。たまたま両校でラグビーの決勝戦が行なわれることになった。決勝戦ともなれば大団旗を掲げねばならないが、大団を預かる親衛隊長の青田は、バーのマダム貴子に熱を上げ、大団を質に入れて五十万円を貢いでしまった。さて、試合が始ってみると、泉北大は大団で南河大は中団旗ということになり、運悪くどこからともなく現われた薬痴寺に団の不始末を責められた。しかも、張本人の青田は、南河大のラガーとしてグランドへ登場。北口は、応援団員としての自信をなくし、ふと知り合ったストリッパーの花園ローズと仲良くなり、その日以来、学校へも顔を出さなくなった。北口はただひたすらヒモ修業に励んでいた。そして、ローズと北口が地方巡業に旅立つ日、青田と親友の富山が大阪駅にかけつけた。北口はガクランを脱ぎ、代わりに派手なスーツとハンチングといういで立ちだった。その北口のあまりの変わりように、ガビーンと驚く青田と富山であった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。