日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

春男の翔んだ空
ハルオノトンダソラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1977年12月19日 
製作会社
現代プロダクション 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
The Skies of Haruo  
上映時間
120分  

献身的に障害児と共に生き、飛行機事故で、志しなかばで倒れた身障児学級教師・野杉春男とその教え子たちの生活を描く。脚本・演出は「はだしのゲン 涙の爆発」の山田典吾、撮影も同作の小林節雄がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
山田火砂子山田典吾
脚本
山田典吾
監督
山田典吾
撮影
小林節雄
音楽
いずみたく
美術
木村威夫
録音
飛田喜美雄
照明
佐藤勝彦
美術補佐
丸山裕司
マネージャー
関口喜郷
ナレーター
矢野宣

ストーリー

昭和四十七年十一月二十九日、モスクワ、シエレメチエオ空港で日航機が墜落した。そして、犠牲者の中に野杉春男がいた。北九州萩ケ丘小学校教頭、身障児学級草分けの人である。重症心身障害児教育対策の研究のためヨーロッパに視察に行っての帰り道だった。--昭和二十五年、小倉市立三郎丸小学校。ファイトある野杉は教壇に立ち充実した毎日をおくっていた。同校の教師となって一年が過ぎた時、北九州市で二番目の精神薄弱児身障児学級がここに誕生した。知能指数が四十くらいの十二人の生徒の学級担任に、野杉はすすんでなった。スポーツを通じて生徒とふれ合い、感動のあまり野杉は生徒たちと一緒になって泣いた。野杉の学級の第一回卒業生、植村政次が厩務員になった。動物好きだった植村は、社会人として一歩をしるそうと、駄馬を駿馬に仕上げたのである。小倉競馬場で、野杉は生まれて初めて馬券を手にした。植村の馬が勝った。その晩、野杉は配当金で、断っていた酒を飲んだ。植村の社会への旅立ちの喜びに、野杉は泣きながら酔いしれるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。