日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜が崩れた
ヨルガクズレタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1978年03月21日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

孤児同然に生きてきたやくざな兄と妹、そして彼女を愛する正義感の強い刑事の三人が、悲しい運命に翻弄されながらも愛し、憎しみ合う姿を描く結城昌治原作の「刑事」の映画化。脚本は「喜劇役者たち 九八とゲイブル」の田坂啓と「錆びた炎」の貞永方久の共同執筆、監督も同作の貞永方久、撮影は「八つ墓村(1977)」の川又昂がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
名島徹
原作
結城昌治
脚本
田坂啓貞永方久
監督
貞永方久
撮影
川又昂
音楽
佐藤勝
美術
芳野尹孝
録音
中村寛松本隆司
照明
小林松太郎
スチール
小尾健彦
編集
太田和夫
助監督
山田良美
製作進行
早川喜康
制作補
峰順一

ストーリー

安井には浩子という恋人がいた。郷里を出て刑事になったばかりの安井には、浩子は新鮮で魅惑的な都会の女性であった。二人は初めて会った時から互いにひかれ、自然に結ばれた。ある日、暴力団茨組の捜査を始めた安井は、同組幹部の中根につきまとわれ、浩子から手を引くように言われる。中根孝は浩子の兄だった。幼くして両親を失い、孝と浩子は小樽の孤児院で育てられたのである。浩子と結婚を決意した安井は中根にやくざから足を洗うように言うが、中根は嘲笑するばかりであった。茨組と関係の深い手形詐欺師大川が襲われ、犯人は中根と判明する。安井は自分の手で中根を捕えて自首させようと決心し、浩子のアパートを訪ねるが、旅行姿で彼女が出て行ったことを知り、孝と共に故郷の小樽に向ったのだと直感した。行くあてのない孝と浩子は生まれ育った小樽の教会へ向っていた。浩子と再会した安井は、中根が茨組から足を洗おうと、大川に金を借りに行ったところ、大川は逆に中根を茨組に売ろうとしたため事件が起きたことを聞かされる。その時突然銃声が聞こえ、安井が現場に駆けつけると、中根が倒れていた。安井に、浩子と一緒になるようにと中根は言い残し、息絶えた。数日後、安井と浩子は白布に包まれた遺骨を抱いて、雪原を走る列車の中にいた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。