日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

犬笛
イヌブエ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1978年04月01日 
製作会社
三船プロダクション 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
139分  

誰にも聞こえないホイッスルの音を聞くことのできる女の子の誘拐事件を中心に、父親と娘の愛の姿を描く、西村寿行原作の同題名小説の映画化。脚本は「雨のめぐり逢い」の菊島隆三と「戦後猟奇犯罪史」の金子武郎の共同執筆、監督は「日本の首領 野望篇」の中島貞夫、撮影は「どですかでん」の斎藤孝雄がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
三船敏郎田中壽一伊藤満
原作
西村寿行
脚本
菊島隆三金子武郎
監督
中島貞夫
撮影
斎藤孝雄
音楽
小林亜星
美術
植田寛
録音
宮永晋
照明
土井直之
スチール
石月美徳
編集
阿良木佳弘
助監督
中島芳人
制作補
守屋徹

ストーリー

良子が七歳の誕生日に誘拐された。警察の捜査もむなしく、彼女の行方は不明のまま、母親は心痛のあまり発狂する。父秋津四郎は職をも投げうって、良子が首にかけたゴールトンホイッスルを手がかりに、果てしない追跡をはじめた。犯人たちの卑劣な罠や幾度の障害にも、秋津はアイヌ犬鉄の命がけの活躍で危機を脱することができた。良子を思う秋津の執念に、犯人に殺されそうになったところを助けられた規子も、また、今まで職業意識に徹し、功名心だけを得ようとしていた小西刑事も、大きな感銘を受けていた。犯人たちは遂に海へ逃亡し、日本脱出をはかる。犯入追跡に協力する海上保安庁の巡視船は全速力で追跡するが、もはや領海内での接舷は無理だった。他国領海内での警察権の行使は、重大な国際問題である。秋津の必死の懇願に、村田船長は悩んだ。だが、無線で秋津の妻が死んだことを知ったとき、領海侵犯で逮捕されるのを覚悟で、追跡することを決意する。海上保安庁長官のとめるのも聞かず、村田船長の率いる巡視船は秋津と小西を乗せ、犯人を追って他国領海へと突き進む。それは、父と娘の、愛の絆を知った村田船長の配慮と、勇気ある決断によるものであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。