日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺は上野のプレスリー
オレハウエノノプレスリー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1978年12月27日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

津軽をあとに東京に出た二人の青年の懸命に生きる姿を描くもので、昭和五十三年夏に公開された「俺は田舎のプレスリー」に続くプレスリー・シリーズ第二弾。山田洋次の原案をもとに、脚本は「俺たちの時」の高橋正圀、監督は、「喜劇 社長さん」以来七年ぶりの大嶺俊順、撮影は「鬼畜」の川又昂がそれぞれ担当している。

スタッフ

製作
沢村国男
原案
山田洋次
脚本
高橋正圀
監督
大嶺俊順
撮影
川又昂
美術
芳野尹孝
録音
田中俊夫
照明
小林松太郎
スチール
赤井博且
編集
杉原よ志
録音
小尾幸魚
助監督
熊谷勲
進行
大川修
詩と語り
伊奈かっぺい

ストーリー

21世紀のスーパー・スターを夢みて、津軽をあとに上京した中里弥三郎は、ある民謡酒場でギターを抱えてアルバイトをやっていた。福士幸介も津軽をあとにして、東京の小さな駅で駅員をしていた。幸介には、東京の空気が肌に合わなかったが、毎日、改札口を通る裕美が好きで、故郷に帰る決心がつかない。もっとも、幸介はまだ彼女と一言も交わしたことがなかったのだが。ある日、幸介は不正乗車の客をつかまえた。見れば故郷で同級だった弥三郎である。これがキッカケで、幸介の下宿に弥三郎が転がり込んできた。ある夕方、幸介に絶好のチャンスがめぐってきた。裕美が自転車の故障で困っていたのだ。必死に修理した幸介、これが縁で、次の休みに一緒にサイクリングに行く約束をした。一方、弥三郎も、得意のノドを生かして上野のスナックでアルバイトを始めた。その店のママ・マキは弥三郎をかわいがり、弥三郎もマキの美貌にまいっていた。約束の休みの日、幸介は裕美とサイクリングに、弥三郎はマキとドライブに行った。しかし、弥三郎は車の中で、マキがモト男だったことを聞いて、ほうほうの態で家に逃げ帰るのだった。幸介の方も、初めのデートから、たいした進展もなく、ふがいなさに自己嫌悪におちいっていた。しかし、幸介は、なかばヤケクソで裕美に必死にプロポーズをすると、彼女は、うれしそうに頷くのであった。クリスマスの夜、幸介、裕美は、民謡酒場でめでたく結婚式を上げるのだった。しかし、丁度その頃、弥三郎はといえば、サンタのサンドイッチマン姿でアルパイト中、マキに見つかり、あわてて逃げ回っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。