日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺たちの交響楽
オレタチノコウキョウガク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1979年03月03日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Wonderful World of Music  
上映時間
112分  

川崎の工場で働く若者たちが仲間を集めてベートーベンの第九を舞台で歌うまでの苦労の経過を描く。長い間、山田洋次と組んで脚本を書いてきた朝問義隆の監督デビュー第一回作品。昨一九七八年、山田洋次が演出した労音の公演オペラ「カルメン」で山田洋次を手伝って全国を一緒に回った時、各地のアマチュア合唱団の若者たちの情熱的な姿をもとに映画化したもので、原案は山田洋次、脚本は「男はつらいよ 噂の寅次郎」の朝問義隆と「俺は上野のプレスリー」の梶浦政男の共同執筆、監督も同作の朝間義隆、撮影は吉川憲一がそれぞれ担当している。

スタッフ

製作
名島徹
原案
山田洋次
脚本
朝間義隆梶浦政男
監督
朝間義隆
撮影
吉川憲一
音楽
外山雄三
美術
出川三男
録音
小林英男
照明
山ノ上実
スチール
赤井博且
編集
石井巌
録音
松本隆司
助監督
立仙雅巳
進行
玉生久宗
協力
俳優座映画放送KK

ストーリー

川崎の鉄工所に勤める徳次郎、その先輩の安男、後輩の保の三人は、「川崎でベートーベンの第九を歌いましょう」という京子たちの勧誘に、女の子達と知り合えるという下心から、「川崎エゴラド合唱団」に入った。合唱団には京子が密かに思いを寄せている中学の音楽の教師で合唱団の団長の勝彦を始め、芳人、弓子、トシ子、文枝、節子らがおり、毎日団員確保に奔走していた。入団した徳次郎は、お目あての京子が、勝彦にプレゼントを渡しているのを目撃し、失恋したと思いこみ合唱団から遠ざかっていく。時同じくしてトシ子も稽古に顔を出さなくなった。「せっかく知り合ったのに……」という京子の強い説得に徳次郎は戻ってきたが、ケイ子は会社を辞め、スナックに勤め始めて稽古にはとうとう顔を出さなかった。数日後、夜勤明けの安男が発声練習を強いられているのをかばった徳次郎は合唱団指揮者の小柳出とぶつかり合った。合唱団は十二月公演を目ざして三日間の合宿に入った。徳次郎も休暇を取って参加した。団員たちの連帯も一層深まったかに見えたが、折りも折り、芳人が「節子を妊娠させてしまった。チームワークを乱しては悪いので二人で退団する」といい出した。そのことで、「団員同志が何故愛し合ってはいけないの‥…」という京子と勝彦が対立し、京子は故郷に帰ってしまう。徳次郎は京子の故郷、信州の北志賀高原に向かった。突然の来訪に京子は驚くが、徳次郎の無言の説得にもう一度川崎に戻る決心をした。公演が近づき、合唱団も再び活気がよみがえってきたある日、病院に入院している安男の状態が急変したと知らされた徳次郎は、すぐに病院にかけつけたが安男はすでに息を引き取ったあとだった。友の死、仲間の退団など、多くの困難をのり越え、“第九”の公演は大成功のうちに幕を閉じた。打ち上げの夜、「京子ちゃんを愛しとるばい。第九が終って明日から何を生きがいに生きればいいのかな……」とつぶやく徳次郎。青春の全エネルギーを一つの目標に向かって燃やしつくした彼らの表情は明るい。夜の喧騒の中で誰うたうともなく「歓喜の歌」が静かな輪となってひびいていった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。