日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

地獄の蟲(1979)
ジゴクノムシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1979年12月01日 
製作会社
マツダ映画社 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

昭和十三年、稲垣浩監督、阪東妻三郎主演で製作されたが、内務省の検閲で大幅に変えられたものを、もとの内容で再映画化した無声映画。無声映画鑑賞会結成二十周年記念、稲垣浩監督生活五十周年記念作品で、脚本・監修は稲垣浩、監督は「柔の星」の山田達雄、撮影は倉持友一がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
松田春翠
脚本
稲垣浩
監修
稲垣浩
監督
山田達雄
撮影
倉持友一
音楽
すぎやまこういち
美術
鳥居塚誠一
録音
甲藤勇
照明
佐藤勝彦
スチル
関口英世
編集
江原義夫
助監督
山野辺勝太郎
衣裳
京都衣裳
美粧
川口かつら
殺陣
嵐寛童大野剣友会

ストーリー

江戸末期、福島の土湯村というひなびた村で、悪どい高利貸しをしている豪農、弥左衛門が黒雲団十郎の率いる盗賊に襲われ一家八人が殺され、千両箱六個が奪われた。村人は天罰と喜ぶが、役人の命令で山狩隊が組織された。団十郎の情婦、お登代を含む八人の一味は士湯峠を越え、米沢藩領内へ逃走を図った。しかし、追求は厳しく、一味は山中に逃げまどい、重い千両箱に加えて食糧も尽き、飢えと疲れで仲間の気持はすさむ一方であった。そして、分け前をめぐる葛藤がこれに輪をかけ、ついには仲間割れとなってしまう。一人減り二人減りしていく一団に追っ手が迫り、さらに冷い雨が降りかかる。そして、何者も恐れなかった団十郎にも最後のときが来た。団十郎はお登代を逃がそうとするが一緒にいると聞かず、二人は悪党の意地をかけて大立廻りの末死んでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。