日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

看護婦のオヤジがんばる
カンゴフノオヤジガンバル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1980年05月10日 
製作会社
近代映画協会 
配給会社
独立映画センター 
レイティング
一般映画  
英語名
A Nurse's Husband Fight on  
上映時間
115分  

看護婦を妻にもつ亭主と子供たちの生活をコミカルに描くことで、看護婦という仕事が家族の犠牲の上に成立っていることを訴える。藤田健次の原作「看護婦のオヤジがんばる」と「看護婦のオヤジ泣いて笑って」を合せて映画化したもので、脚本は関功、監督は「二つのハーモニカ」の神山征二郎、撮影も同作の南文憲がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
能登節雄赤司学文
企画
佐藤不器
原作
藤田健次
脚本
関功
監督
神山征二郎
撮影
南文憲
音楽
針生正男
美術
大谷和正
録音
TESS
照明
上村栄喜
スチール
新藤次郎
編集
近藤光雄
助監督
桃沢裕谷

ストーリー

藤波泰男は職安に勤務、妻の啓子は看護婦である。絵の道に進みたかった泰男は、仕事が終ると家で版画を彫ったりしている。しかし、今となっては「お互い理解しあえばうまくいく。好きな絵も描かせてあげるわよ」という啓子の結婚のときの言葉がうらめしい。新婚初日が夜勤、長女を産んだときは過労で倒れてしまった。それから十年、子供の面倒、家事一切が泰男の分担だ。ある日、次女が熱をだし「母ちゃん」とウワゴトを言うが、啓子はその晩も夜勤。自分の子供も看病できないで何が看護婦だ。泰男は頭をかかえる。数日後、啓子が倒れこむように帰宅した。彼女の献身的看護にもかかわらず患者が死んだのだ。患者の生命が看護婦のいのちをすりへらしているのだ。啓子の悩みは、後輩の多くの仲間が結婚を機に看護婦を辞めていくことだ。友人の直美も婚約者の希望で仕事から去ろうとしている。この仕事はの家族協力、犠牲なくしては成立たないのか。遂に過労がたたり、啓子は倒れた。しかし、彼女は仕事を辞めろという泰男の説得に応じようとしない。泰男は意決してその思いを新聞に投書した。「十分な労働条件と休息がなぜないのか、看護婦のオヤジたちよ、あなたは辛くはないですか。このままでは私たちの家族は完全に破壊される。政府は、厚生省は、わたしたちをどうしようとしているのですか……」翌日、病院ではその投書の話でもちきり。そして泰男の家は激励の電話が鳴りっぱなし。そして、啓子や仲間の看護婦と亭主の集いが開かれることになった。泰男をはじめ集まった彼らの顔は、この輪を全国に拡げようと希望に輝いている。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。