日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青春グラフィティ スニーカーぶるーす
セイシュングラフィティスニーカーブルース

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1981年02月11日 
製作会社
東宝映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

話題のアイドル近藤真彦、野村義男、田原俊彦の“たのきんトリオ”が出演する、硬い友情で結ばれた定時制高校に通う三人の若者の姿を描く。脚本は「帰ってきた若大将」の田波靖男と安斉あゆ子の共同執筆、監督は「炎の舞」の河崎義祐、撮影は「惑星大戦争 THE WAR IN SPACE」の逢沢譲がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
田中壽一小倉斉
脚本
田波靖男安斉あゆ子
監督
河崎義祐
撮影
逢沢譲
音楽
槌田靖識
主題曲
近藤真彦
美術
樋口幸男
録音
宮内一男
照明
小島正七
スチール
岩井隆志
編集
黒岩義民
助監督
西川常三郎

ストーリー

昌也、洋一、敏夫は定時制高校に通う三人組。昌也の夢はシンガー・ソングライター、洋一はカメラマン、そして敏夫は野球部のピッチャーとして甲子園に出場することだ。三人はそれぞれ違う職場で働きながら夢をはぐくんでいた。昌也は、敏夫により多く練習が出来るようにと、彼の仕事をひきうけている最中に交通事故を起してしまう。仕事をクビになり、事故の相手から損害賠償を請求される昌也。昌也の姉の由美やその恋人の石崎も何とかしようとするが金の工面がつかない。事情を知った敏夫は何とか金を都合し、昌也に渡すよう洋一に頼んだ。そして、敏夫は甲子園の夢を捨て、実業団チーム平和建設で野球をやることにした。それを知った昌也は敏夫が裏切ったと思い激怒する。洋一は敏夫が金のために平和建設に入ったと思っていたが、口止めされていて昌也の誤解をとくことができない。やがて昌也と敏夫は絶交状態となる。昌也は石崎の紹介で富士サファリパークの飼育係として働くことになった。上司の三田は昌也をしごき、こきつかう。ことごとく反抗する昌也。そんなある日、ライオンの子が病気になり、献身的に看病する三田の姿を見て、昌也は彼の厳しさを理解する。敏夫のことを後悔する昌也は、敏夫の残した詞に曲をつけ、ラジオ局のコンクールに出場した。二人の共作“スニーカーぶるーす”が決勝進出を決めた日、昌也は洋一から敏夫が暴力団の仲間にひきずり込まれ、苦境におち入っていることを知らされる。昌也はラジオを通じ行方の知れぬ敏夫に呼びかける。敏夫は昌也を助けるために、暴力団の経営する相川商事から金を借り、窃盗グループの手伝いをさせられているのだ。ラジオを聞いた敏夫は昌也に連絡しようとして、相川に警察に通報したと誤解され、殺されかける。逃げる敏夫を相川と配下の者が追う。相川の本拠に駆けつけた昌也と洋一は敏夫を助けるが、三人は相川の配下の暴走族に囲まれてしまう。死物狂いの激闘の果て、敏夫のオートバイと相川の車が正面衝突する。「きこえるぜ、おまえの曲が……」と言い残し、敏夫は昌也と洋一に抱かれ息絶える。数日後、敏夫の夢であった甲子園で二人だけの葬式が行なわれた。敏夫の名を呼ぶ昌也と洋一の瞳から涙が流れ落ちていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。