日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

白日夢(1981)
ハクジツム

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1981年09月12日 
製作会社
武智プロ 
配給会社
富士映画 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
110分  

歯科医院で令嬢と並んで治療を受けた青年の意識内にひそむ潜在欲望を描く。谷崎潤一郎の同名の小説の映画化で、脚本・監督の武智鉄二は、十七年前にも同作を映画化しており最近作には七三年の「ビデ夫人の恋人」がある。撮影は「純」の高田昭が担当。

スタッフ

製作
池俊行前田有行
原作
谷崎潤一郎
脚本
武智鉄二
監督
武智鉄二
撮影
高田明
音楽
芝祐久
美術
小澤秀高
録音
アオイスタジオ
照明
佐藤浩
スチール
岩田彰
助監督
荒川俊昭

ストーリー

青年・倉橋順吉は、ある日、歯科医院で美しい令嬢・葉室千枝子に出会う。並んで治療を受け、麻酔の注射をうたれた。霞んでいく意識の中で順吉が見たものはとても信じられないものだった。ドクトルは千枝子を裸にし、胸に歯形の残るほど口づけをせる。喘ぐ千枝子。ディスコで、ホテルで、ドクトルは千枝子を犯し、いたぶった。千枝子はドクトルを憎みながらも、しかし思わず歓喜の声をあげてしまう。見ている順吉に、千枝子への思いはつのるが、どうすることも出来ない。思いつめた順吉は、遂に千枝子を刺し 殺してしまう。千枝子は死んだ。ドクトルから解放されたのだ。意識がはっきりしてくると、治療は終っていた。千枝子はドクトルに挨拶すると、診療室を出た。順吉も彼女を追った。海辺で追いつくと、千枝子は何事もなかったかのように順吉を見つめるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。