日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

GREEN BOY グリーンボーイ
グリーンボーイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1989年04月29日 
製作会社
サニー・クリエイション 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
104分  

交通事故に遭って半身不随となった息子を励ますために、再びグリーンボーイ(4回戦ボーイ)を目指す元ボクサーの姿を描く。「おれは男だ! 完結編」に続いて森田健作が製作・総指揮を務める青春映画第2弾で、脚本は「恋はいつもアマンドピンク」の三村渉が執筆。監督は「おれは男だ! 完結編」の石山昭信、撮影は山口鉄雄がそれぞれ担当。主題歌は、森田健作(「針路」)。

スタッフ

総指揮
森田健作
製作
森田健作
プロデューサー
大崎陽一朗
企画
森田健作
監督
石山昭信
原作
森田健作
脚本
三村渉
撮影
山口鉄雄
編集
神谷編集室
音楽監督
佐藤勝
主題歌
森田健作「針路」

ストーリー

八百屋を営む神谷大介は39歳の元ボクサーで、妻と別れてから10歳の息子・広志と二人暮らし。近所の食堂の主人・すぎさんが大介に見合いの話を持ってきたが、その相手は広志の新しい担任の牧瑛子だった。若くて美しく気だてのよい瑛子を大介も広志も気に入るが、ある晩思いがけない事故が神谷家に起こった。大介がすぎさんと酒を飲んだ店が暴力バーで、不足金を広志に持ってくるよう電話で命じた。その時、慌てた広志が交通事故に遭い、半身不随になってしまったのだ。明るい性格の広志は初めのうちリハビリに精を出していたが、だんだんひねくれるようになる。大介は責任を感じ、自分も再びグリーンボーイ(4回戦ボーイ)を目指すことで苦労を共にしようとする。広志の命には別状はないが、リハビリを怠れば一生車椅子の生活を強いられることになるかもしれない。試合の日、客席には広志の姿もあったが、大介は善戦むなしく敗れてしまう。しかし、その瞬間広志は立ち上がり、大介の元へ歩き始めたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。