日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

制覇(1982)
セイハ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1982年10月30日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
140分  

日本最大の暴力団の組長の病死で起こった実力者の後継者争いと、跡を継ぐことになった未亡人の姿を描く。脚本は「アゲインスト むかい風」の中島貞夫と西沢裕子の共同執筆、監督も中島貞夫、撮影は鈴木達夫がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
俊藤浩滋高岩淡田岡満
プロデューサー
佐藤雅夫厨子稔雄福井良春
原作
志茂田景樹
脚本
中島貞夫西沢裕子
監督
中島貞夫
撮影
鈴木達夫
音楽
山本直純
美術
佐野義和山下謙爾
録音
中山茂二
照明
金子凱美
スチール
中山健司
編集
市田勇
助監督
藤原敏之

ストーリー

日本最大のヤクザ組織谷口組の三代目、田所正雄が狙撃された。田所の家族と谷口組の受けたショックは大きく、ボディガードの処分をめぐって、若頭の河上剛二と若頭補佐の権野強志の間に食い違いが生まれる。田所はかかりつけの医師、大友の手術で一命を取りとめ、最悪の事態を考えていた妻、ひろ子、長男、孝とその妻、冬子、長女、悠子、次男、範夫らの家族は一安心。そんな折、悠子の恋人で東日タイムスの記者、山田が社会部に転属になり、この事件の取材で二人の間に暗い影が漂い始める。大阪府警は田所狙撃犯を酒田組下部組織、浪華殉国団の近江と公表する。谷口組の報復が開始され、酒田系の事務所が襲撃され、組員も射殺される。その頃、田所は病院から退院、久しぶりの一家だんらんを迎えた。しかしその夜、冬子が孝の友人を信じて不注意に契約書に判を押したのがもとで孝は私文書偽造で逮捕される。その頃、近江の死体が六甲の谷底から発見される。犯人は意外にも酒田組系の者で、近江を隠しきれなくなっての犯行だ。時同じくして、冬子が例の事件を苦に自殺してしまう。谷口組という名前に冬子は押し潰されてしまったのだ。これを機に、田所は後継者を考え始める。そして、河上と権野の争いが表面化し、権野は先走った行動から破門されてしまう。田所家にも荒波が押し寄せていた。孝の会社が脱税容疑で捜査を受け、また、ボランティア活動をしていた悠子は、難民救済事業に従事すべくタイに向う決意をする。谷口組解体キャンペーンのペンを取っていた山田も彼女に追っていくことを決心、退職届を出すと、田所に悠子との結婚の許可を求めた。悠子を幸せにするという山田の決意に、田所は二人の結婚を許し、さらに、落語家になりたいという次男、範夫の希望もあっさりと許した。河上に二年六ヵ月の実刑判決がおり、権野は引退する。突然、田所が持病の心臓病で他界してしまった。谷口組組葬の日、全国から参集した黒背広姿の男の中に、たった一人の女性、ひろ子がいた。マスコミの関心は誰が四代目を継ぐかだった。そして、ひろ子が河上の四代目を発表するが、その河上も獄中で腎炎がもとで死んでしまった。「今、私がしっかりしなくては」と遺体を引き取りに行ったひろ子の顔には今までにない威厳が浮かんでいた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。