日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ゴジラVSキングギドラ
ゴジラタイキングギドラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1991年12月14日 
製作会社
東宝映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
102分  

超ドラゴン怪獣キングギドラと対決するゴジラの死闘を描くシリーズ第十八弾。脚本・監督は「満月(1991)」の大森一樹。特技監督は「ゴジラVSビオランテ」の川北紘一。撮影は「リトル・シンドバッド 小さな冒険者たち」の関口芳則がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
田中友幸
脚本
大森一樹
監督
大森一樹
プロデューサー
富山省吾
撮影
関口芳則
美術
酒井賢
録音
宮内一男
照明
粟木原毅
編集
池田美千子
助監督
米田興弘
製作担当者
徳増俊郎
音楽
伊福部昭
特技監督
川北紘一
特技撮影
江口憲一大根田俊光
特技美術
大澤哲三
特殊技術照明
斎藤薫
特殊効果
渡辺忠明
繰演
松本光司
造形
小林知己
特技助監督
鈴木健二
特技製作担当者
小島太郎

ストーリー

ゴジラがビオランテによって日本海に追われてから約1000日が過ぎた1992年、東京上空に巨大なUFOが出現。そこには2204年から来たという未来人グレンチコ、ウィルソン、エミーが乗っていた。21世紀に復活するゴジラに破壊された原子力発電所の核汚染によって、23世紀に人類が死滅すると予言する彼らは、恐竜が核実験でゴジラ化する前にワープし、ゴジラを歴史上から消滅させようと計画。ルポライターの寺沢らを仲間に加え、一九四四年のラゴス島へワープし、ゴジラの誕生をくい止める。だがそこへ三匹の小動物を残してきたことから、それがキングギドラとなって現代によみがえり、日本は再び恐怖の底へ。彼らの本当の目的は、赤字国の国土まで買い占める超大国になった23世紀における日本の国力を低下させるためにあったのだ。しかしエミーは彼らの計画に内心反発しており、寺沢達にその計画を打ち明けた。そのころベーリング海で原子力潜水艦が原因不明の遭難事故を起こす。未来人によりラゴス島の恐竜はベーリング海へトランスポートされていたのだった。そして、一度は消滅したゴジラが、キングギドラの出現に引き寄せられるかのようによみがえった。そして死闘の末、ゴジラはキングギドラを倒すが未来人の手によってキングギドラは“メカ・キングギドラ”となって復活。両者は再び対決しメカキングギドラはゴジラに破壊され、ゴジラもまた海底に姿を消すのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: ドルビーSR

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。