日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

Undo
アンドゥー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1994年10月07日 
製作会社
フジテレビポニーキャニオンロボット作品 
配給会社
ヘラルド・エース 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
47分  

なんでも縛りたくなってしまう″強迫性緊縛症″の女性と、その夫を中心としたドラマ。監督はTVドラマ「if もしも…」の1エピソード「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」で日本映画監督協会新人賞を受賞した岩井俊二。

スタッフ

製作
堀口壽一田中迪
企画
牛窪正弘馬越勲尾越浩文
プロデューサー
加藤裕子南條昭夫堀部徹亀井宏幸長澤雅彦
脚本
岩井俊二
監督
岩井俊二
撮影
篠田昇
照明
隅田浩行
録音
土屋和幸
美術
細石照美
ポストプロデューサー
掛須秀一
編集
岩井俊二
AVIDエンジニア
小島俊彦
記録
中山恭子
音楽
REMEDIOS

ストーリー

マンション住まいの一組の若い夫婦。ある日妻が犬を飼いたいといいだすが、マンション暮らしのためそれは実現せず、替わりに亀を飼うことになる。妻の歯列矯正の治療が終わった。それと前後して夫の仕事が多忙となり夫婦の時間は急速に減っていく。妻は亀を散歩に連れていくことなどで、退屈な一人の時間を埋める努力を続けるが、徐々に精神のバランスを崩していった。ある日編み物をしている最中、彼女は自らの手を縛っている自分に気づく。それをきっかけに、あらゆるものを″縛りたい″という欲求にとらわれた彼女は、本、ハサミ、ワープロ、そして亀…と、部屋中の物という物を縛ってしまった。部屋の扉まで縛ってしまった妻に、夫は当惑する。2人してカウンセラーに診てもらったところ″強迫性緊縛症″の診断を受け、夫が妻を精神的に縛っていることが原因では?と指摘を受ける。だが妻の行為の動機はその逆、自分をかまってくれない夫に対して″自分を縛ってほしい″という願望の現われであった。彼女の症状は悪化していき、空気、午前中、土曜日など目に見えないものまでを縛ろうとしはじめる。そして夫は「私を縛ってよ」と乞う妻を、縛り始める。「もっと強く縛ってよ」。言われたままに、夫は強く強く力をこめていく。だが物理的に縛られることによっても、妻の願望は満たされなず、彼女は家を出てどこかへ姿を消してしまった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。