日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

翼の凱歌
ツバサノガイカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1942年10月15日 
製作会社
東宝映画 
配給会社
白系 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
109巻  

陸軍パイロット、民間パイロットと別々の道に進む義兄弟の成長軸に、新鋭戦闘機“隼”誕生を描くアクション映画。監督は「歌へば天国」の山本薩夫。脚本は「大いなる感情」の外山凡平と「青春の気流」の黒澤明の共同。特殊撮影に「小春狂言」の円谷英二。出演は「武蔵坊弁慶」の岡譲二、「久遠の笑顔」の月田一郎。陸軍航空本部後援作品。

スタッフ

製作
藤本真澄
後援
陸軍航空本部・航空局
脚本
黒沢明外山凡平
監督
山本薩夫
撮影
宮島勇完倉泰一
音楽
服部良一
美術
北辰夫
録音
片岡造
特殊撮影
円谷英二

出演者

ストーリー

日本の航空技術がまだ未熟だった頃、魚群探知飛行中の飛行機が悪天候のため墜落する。その飛行機の操縦士の妻・大川伸子は、身寄りの無くなった機関士の野田の息子・喬を引き取り、我が子・雄吉と共に、分け隔て無く立派な人間に育つよう決意する。そして時は流れ、雄吉は陸軍の航空士となり、その活躍は「大川戦闘隊」の戦果として毎日、新聞紙上を賑わわせていた。一方、喬は、航空機製作所でテストパイロットとして、新鋭機「隼」の開発に携わっていた。しかし、雄吉の見ている前で喬の操縦する隼が墜落してしまう。墜落事故がパイロットの操縦ミスでは無いことを証明するために、雄吉は隼の操縦桿を握るのだった……。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。