日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ママレード・ボーイ
ママレードボーイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1995年03月04日 
製作会社
東映集英社東映動画作品企画*月刊りぼん) 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
26分  

ひょんなことから兄妹になってしまうことになった高校生の恋と青春を描いたアニメ。“'95春東映アニメフェア”の中の1本で、劇場初登場。監督は矢部秋則。

スタッフ

製作
高岩淡安齊富夫
監督
山田洋次
製作
泊懋関弘美
原作
吉住渉「ママレ~ド?ボーイ」
脚本
松井亜弥
監督
矢部秋則
作画監督
馬越嘉彦
撮影
桶田一展
編集
花井正明
録音
川崎公敬
美術監督
塩崎広光
美術デザイン
千田国広
音楽
奥慶一
助監督
岩井隆史

出演者

ストーリー

松浦遊は保健室のベッドで休んでいる光希の唇にそっとキスをした。狸寝入りの光希は、遊の突然の行動にドキドキ。しかし、遊の気持ちは光希に初めて会った時から決まっていたのだ。ある日、遊は両親から離婚を告げられる。しかも、二人はハワイ旅行で知り合った小石川夫妻と、それぞれパートナーを交換して再婚すると言うのだ。そして、相手の家にも遊と同い年の女の子がいるという。両親の前では平静を装っていた遊だったが、やはり心の奥底では傷付いており、彼は一人町の中をあてもなく歩くのであった。いつの間にか公園の中を歩いていた遊は、その時、テニスの壁打ちをしている一人の少女を見つける。何故かその少女に魅かれるものを感じた遊は、彼女の後をしばらくつけるともなしにつけていた。天真爛漫で明るくひょうきんな彼女に次第に恋心を抱き始める遊。松浦家と小石川家が初めて顔を合わせる日、彼が通された部屋には、まぎれもなくあの少女が座っていた。彼女は、両親の再婚相手の娘・小石川光希だったのである。これが二人の運命の出会いだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。