日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

サラリーマン専科 単身赴任
サラリーマンセンカタンシンフニン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1996年12月28日 
製作会社
松竹作品 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
 

単身赴任となったサラリーマンが、隣人の美女の巻き起こす騒動にあたふたと対していく様を描いたコメディ。『週刊現代』連載の漫画を原作とするシリーズ第2弾で、監督は前作と同じ朝原雄三が担当。脚本は山田洋次、朝原、鈴木敏夫の共同。主演も前作と同じ三宅裕司がつとめ、「八つ墓村(1996)」の萬田久子がヒロインにふんしている。「虹をつかむ男」の併映作品。

スタッフ

監督
朝原雄三
製作
佐生哲雄
原作
東海林さだお「サラリーマン専科」
脚本
山田洋次朝原雄三鈴木敏夫
プロデューサー
秋葉千晴椿宜和矢島孝
撮影
近森眞史
美術
横山豊
音楽
渡辺剛
照明
渡邊孝一
録音
岸田和美
編集
石島一秀
助監督
桜井宏明
スチール
中原一彦

ストーリー

日向事務機器の総務部庶務課長であった石橋万作は、大阪支社営業部に配属となり単身赴任することになった。独り暮らしは寂しく、慣れぬ営業の仕事や関西の言葉づかい、その土地柄ゆえに万作は四苦八苦の毎日を送る。ところが迷い込んできた飼い猫をきっかけに隣人の妖艶な女性・森村美佐子と知り合いになり、一転して万作の単身赴任は明るいものになった。ある日、万作は美佐子から結婚してくれと言われて驚くが、実はボケ気味の父を安心させるための婚約者のふりの頼みだった。万作は美佐子とともに彼女の田舎に赴いてひと芝居打ってみせる。単身赴任もようやく落ち着きかけた頃、妻・ふみ子の誕生日と東京出張とが重なり、バースデイ・ケーキを手にいそいそと帰ってみれば、家族は弟の淳司と豪勢な食事に出かけていたということもあった。大阪支社では取引先の本多興産との大量取引に関して、この一件をしくじれば営業部全体の責任が問われるという問題が発生していた。そんな折、美佐子の部屋で愛人の中年男が救急車を呼ぶ騒ぎが起きる。美佐子に頼まれて万作は中年男の浮気隠しに協力することになるが、何とその男こそ本多興産の社長だった。それでも万作は仕事抜きで浮気隠しの芝居を本多夫妻の前で演じていたが、そこへふみ子がやって来て万作と美佐子の仲を誤解してしまう。平謝りする本多に、万作はとうとう取引の件を口にした。仕事の手柄を立てつつも家庭が気になる万作は、会社を放って東京へ向かう。恐る恐る電話すると、すでに美佐子が訳を説明してふみ子の機嫌も直っていた。万作は満面の笑顔で家へ飛び込んでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。