日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ユキエ
ユキエ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

アルツハイマーに冒された米在住の日本人女性と、アメリカ人男性との夫婦愛を描いたヒューマン・ドラマ。監督は、この作品で本編デビューを飾ったテレビ界出身の松井久子。吉目木晴彦の原作を基に、「午後の遺言状」の新藤兼人が脚色。撮影を「バウンスkoGALS」の阪本善尚が担当している。主演は「東京夜曲」の倍賞美津子と、「スピード2」のボー・スベンソン。

スタッフ

エクゼクティブ・プロデューサー
新藤次郎
製作
松井久子
プロデューサー
吉井久美子
アソシエイトプロデューサー
荒木功
ラインプロデューサー
マイケル・テイラー
監督
松井久子
原作
吉目木晴彦「寂寥郊野」
脚色
新藤兼人
撮影監督
阪本善尚
編集
松井久子
オリジナル音楽
川崎真弘

ストーリー

ルイジアナ州バトンルージュ。ユキエは、元空軍パイロットのリチャードと結婚し、40余年という歳月をこの地で過ごしてきた日本人女性。実家に祝福されず、嫁いできた先では人種差別にあったが、夫に愛され、ふたりの息子に恵まれた彼女の人生は幸せだった。ところがある日突然、彼女は不治の病といわれるアルツハイマーに冒されてしまう。8年前、ビジネスパートナーの裏切りによって財産を失い、裁判で有罪判決を受けていたリチャード。彼は、彼女の病気がその事件に起因しているのではないかと考え、自分の無実を証明することが何よりの治療と、名誉回復に躍起になる。そんな父の姿を見て、息子のマイケルとランディは、母親を病院へ預けた方がいいと勧めた。しかし、リチャードはその意見に頑として反対。ユキエの面倒は自分で看ると宣言する。だが、ユキエの病状は徐々にではあったが、息子たちの顔が分からなくなったり、夜中に外を徘徊するほど確実に悪化の一途を辿っていた。ある日、ランディが婚約者の日本人女性・ヨーコを連れてやってきた。ヨーコから故郷の話を懐かしく聞くユキエ。そんな時、彼女の表情は一時ではあったが病気とは思えない輝きに満ちる。「この病気は、あなたたちへのスローグッバイ(ゆっくりしたお別れ)だと思っているのよ…」 息子の訪問に、そう言って感謝するユキエ。そんな妻を見て、リチャードは自分の無実の証明などに時間を費やすのではなく、ふたりに残された僅かな時間を大切に暮らしていこうと心に誓うのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビスタ
  • サウンド: ドルビー

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。