日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

石内尋常高等小学校 花は散れども
イシウチジンジョウコウトウショウガッコウハナハチレドモ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
118分  

「午後の遺言状」など数々の名作を放ってきた日本映画界の大ベテラン、新藤兼人監督が95歳にして手掛けた作品。自らの小学校時代の思い出をもとに、先生と教え子達の長年にわたる交流を、涙と笑いで綴った人情ドラマ。出演は「カンゾー先生」で日本アカデミー賞など各映画賞を総なめにした柄本明、「椿三十郎」の豊川悦司。

スタッフ

監督
新藤兼人
プロデューサー
新藤次郎
ライン・プロデューサー
岩谷浩
脚本
新藤兼人
原作
新藤兼人
撮影
林雅彦
美術
金勝浩一
照明
山下博
音楽
林光
録音
尾崎聡
編集
渡辺行夫
小道具
相田敏春

ストーリー

大正の終わり。広島市から山一つ奥に入ったところに、石内尋常高等小学校があった。良人、みどり、三吉は五年生の同級生。クラスの担任は市川先生(柄本明)だった。市川先生は、授業中に三吉が居眠りをしても、田植えの手伝いをしていたと判ると許し、奈良への修学旅行では、遭遇した映画撮影隊に田舎者と罵倒されて喧嘩。良人の母親の死には一緒に泣いてくれた。全身全霊で生徒にぶつかっていく人間だった。やがて、良人の家が倒産する。みどりは良人を心配するが、三人は卒業と同時に別れてゆく。30年後。良人(豊川悦司)は東京で売れない脚本家になっていた。市川先生の定年祝いの集まりが開かれることになり、村の収入役になっていた三吉(六平直政)が良人を呼ぶ。会場はみどり(大竹しのぶ)が女将をする料亭。戦争をはさんで集まった同窓生には、それぞれの30年があった。夫を戦争で失った者、原爆被爆に今も苦しむ者…。語っても語り尽くせない人生に良人は圧倒され、自分の不甲斐なさを思わずにはいられなかった。その夜、良人はみどりから、何も告げずに村を去った理由を問い詰められる。そして、二人は夜の海で関係を持つ。定年と同時に小学校の目の前に家を借りた先生。教職を離れても、生徒たちの声を聞くことを楽しみにしていたのだ。だが5年後、脳梗塞に倒れる。病床に駆けつけた良人を、呂律が回らない口で“オマエノドラマヲミテイル、エエモノカケ”と逆に励ます。だが、闘病の甲斐もなく、やがて亡くなる。良人はみどりに結婚を申し込むが、みどりは“あなたは脚本家でしょう。田舎の料亭の主人になるのか”と拒絶。そして良人は一人東京に帰ってゆくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: DTS

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。