日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様
ツリバカニッシナインティーンヨウコソスズキケンセツゴイッコウサマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2008年10月25日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
110  

釣り好きの万年ヒラ社員“ハマちゃん”と、彼が勤める会社の会長“スーさん”のコンビが主役の人気コメディシリーズ。今回は、社員旅行先の大分県でハマちゃんが巻き起こす騒動を描く。主演は「ザ・マジック・アワー」の西田敏行と「飢餓海峡」の三国連太郎。ゲストとして「20世紀少年」の常盤貴子、「ゲロッパ!」の山本太郎。

スタッフ

監督
朝原雄三
脚本
山田洋次関根俊夫
原作
やまさき十三北見けんいち

ストーリー

会長になったものの、会社が心配で相変わらず多忙な毎日を送る“スーさん”こと鈴木一之助(三国連太郎)。一方、元気が取り柄の“ハマちゃん”=浜崎伝助(西田敏行)は相変わらず会社よりも釣りが命の日々を過ごしていた。ある日、そんなハマちゃんに思わぬ危機が訪れる。会社の健康診断で再検査の指示を受けてしまったのだ。胃カメラを飲む、飲まないで大騒ぎして、担当である総務部の派遣社員・河井波子(常盤貴子)を困らせる。そんな波子の窮地を助けたのが、ハマちゃんの新しい部下・高田大輔(山本太郎)だった。大輔は実は大企業・高田製薬の御曹司だったが、親の七光りを嫌う、生まじめな若者。スーさんも期待をかけている存在だった。何とか胃カメラを飲んでハマちゃんの再検査は無事に終了。結果は暴飲暴食によるもの、食生活を正すようにとの診断に終わる。ほっとして、晴れて大分県へ社員旅行に出発することになったハマちゃんたち鈴木建設一行。旅行の幹事を努めるのは大分県出身の波子。社員旅行でも釣りのことは絶対忘れないハマちゃんは、波子の兄・康平(竹内力)が漁師であると聞き、さっそく釣りの手配を頼む。翌日、佐伯湾での釣りを満喫するハマちゃんだったが、康平が思いがけない相談を持ちかけてくる。社員旅行で鈴木建設一行を待ち受けるものとは一体……?

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。