日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

生きたい
イキタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1999年01月15日 
製作会社
近代映画協会作品 
配給会社
日本ヘラルド映画 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
119分  

日本の古い民話「姨捨て伝説」と、現代の老人問題を交錯させて描く人間ドラマ。監督・原作・脚色は、「午後の遺言状」の新藤兼人。撮影に「午後の遺言状」の三宅義行があたっている。主演は、「花のお江戸の釣りバカ日誌」の三國連太郎と「学校III」の大竹しのぶ。芸術文化振興基金助成作品。

スタッフ

原作
新藤兼人
脚本
新藤兼人
監督
新藤兼人
製作
新藤次郎
プロデューサー
平形則安
撮影
三宅義行
美術
重田重盛
音楽
林光
照明
山下博
録音
武進
編集
渡辺行夫
スクリプター
吉田純子
助監督
山本保博
製作担当
森賢正
撮影Bカメラ
林雅彦
衣裳
鈴木淳
美粧
工藤芳照
特殊メイク
原口智生
装飾
高桑道明
小道具
岡本国昭
スチール
金子哲也
製作宣伝
花安静香
製作主任
桑原一仁

ストーリー

長野県にある姨捨駅にひとりの老人・山本安吉が降り立った。だが、近くに望む姨捨山の不気味な雰囲気に恐れをなした彼は、逃げるようにしてその場を去る。妻と死別して15年、齢70になる安吉は最近下のしまりが悪く失禁することもしばしばだ。今日も姨捨駅からの帰り、立ち寄った馴染みのママさんの店で粗相してしまい追い出される始末。その上、糞まみれで道端に寝ているところを医者である君塚に助けられ、病院に担ぎ込まれるのであった。君塚の電話で安吉を迎えに来たのは、嫁き遅れの長女の徳子だ。長男と次女はさっさと家を出てしまい、躁鬱症を抱える徳子が父の面倒をみている。「迷惑ばかりかけて」と、徳子になじられながら家に帰る安吉。彼は、衰えゆく体と崩壊した家族を憐憫し、遂に老人ホームへの入居を考え始める。果たして、そこは現代の姨捨山なのだろうか。不安ばかりが募る中、安吉は「姨捨て伝説」の本を読み始める----。70歳になったオコマは、村の古くからのしきたりによって間もなく・お山まいり・を迎えようとしている。役に立たなくなった老人は、山の奥に捨てられるのだ。そして、いよいよお山まいりの日が来た。長子・クマに背負われて、山の奥へ運ばれていくオコマ。ところが、母を山の中に置いていくことの出来ないクマは、彼女を家に連れ帰り床下へ隠してしまう。そんな折、隣国の殿様から無理難題が押しつけられ、村は危機に見舞われる。だが、オコマの知恵で村は救われ、以来、老人は大切にすべきだとしてお山まいりが廃止される---、というのが姨捨て伝説であると安吉は思っていた。だから、もしかしたら徳子が連れ戻しに来てくれることを期待して、老人ホームへも入居したのだ。しかし、彼の読んでいた本の結末は違っていた。そこには、オコマは一緒に家に帰ろうと言うクマを拒み、姨捨て山でひとり静かに死んでいくと書かれていた。ショックを受ける安吉は、ホームの部屋で忍び寄る死の恐怖に震え上がる。ところが、そこへ徳子がやってきた。厄介者だった父がいなくなってせいせいした筈の彼女であったが、その実、独り暮らしは心が落ち着かなかったのだ。安吉を背負い、ホームから家へ帰る徳子。だが家に帰っても、安吉は死の象徴であるカラスたちがつきまとっていた。そんなカラスたちに、徳子は物置で見つけた猟銃を発砲する。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビーSR

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。